てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2匹のクロセンブリ産卵


雨もぽつぽつ降りはじめたので、もう帰ろうとしていると
目の前をクロセンブリが横切りました。

クロセンブリ産卵

水辺に降り立ち、またバタバタと飛びながら周辺の枯れ枝や土の上をうろうろ。
「産卵するのかも・・・」
しばらく見ていると、水辺に生える植物の葉裏に落ち着きました。
横から見るとお尻(腹)の先をくいっと曲げて動かしています。

クロセンブリ産卵2


少しずつ少しずつ、お尻を右へ左へと動かしながら、後ずさり。

クロセンブリ産卵3


ヒゲのように見える辺りの葉裏をよく見ると、卵がついているのがわかります。

クロセンブリ産卵4


産卵開始から40分後にようやく終わりました。「ふうっ」

クロセンブリ産卵5

この後クロセンブリ母は近くの枯れ枝まで歩いて移動すると、そこで一休み。
卵を見たいのですが、そばにいては気が引けるので飛び去るのを待ちました。

私はというと、湿地に40分以上しゃがみ込んでいるので脚はぬれるわ、しびれるわ。
すると、時を同じくしてクロセンブリがまた1匹飛んでくるとバタバタし始めました。
「むむむ・・・ちょっと困った展開かも」

クロセンブリ産卵6


先ほどのクロセンブリ母といえば、まだ休んでる。

クロセンブリ産卵7


新たにやってきたクロセンブリはその後も数分間、周辺をうろつき
たどり着いた先は、ああ、やっぱりあの葉裏。

クロセンブリ産卵8


「あー、同じところで産みはじめちゃった」
雨がいよいよ本降りとなりそうなのでこれにて退散。卵を見るのは後日となりました。

クロセンブリ産卵9





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。