FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

またクロコノマチョウに会いに



カエル卵塊2
                            (ヤマアカガエル卵塊)


前から気になっていたのですがーーー
成虫越冬する蝶や蛾たちの中で“落葉下で越冬”との記述を見ます。
それだと翅が痛みそうに感じて「違う場所では?」とも思っていました。

そこで、昨日出会ったクロコノマチョウを今日も探してみました。(→過去記事
そこはちょっとした空間になっていて、昨日は足元から飛び立ったのを見て
きっとこのあたりでじっと越冬しているんだなと感じました。

越冬場所はいくつかの可能性を考えながら探しました。
「そうは見つかるわけないか。ははは・・・」
とあきらめかけましたが、とうとう粘り勝ち!
寒い日でしたが、クロコノマチョウは私に探し出された瞬間、パッと飛び立つと
背後に回り、サッと姿を消しました。だから写真はありません。
さて、どこで越冬していたでしょう?



カエル卵塊

今シーズン初めてヤマアカガエルの卵塊を見ました。
この写真は水辺までまだ数メートル手前の陸地です。
「池まで産むのを我慢できなかったのかな?」
そこでカエルの調査をしているYさんにたずねると
「陸地にある卵は鳥にやられたカエルが出したものだと私は思っていますよ」
との返答。ああ、なるほど。





スポンサーサイト



| 昆虫その他 | 20:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT