てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の色


「おや。赤みがかってきれいね」

ミカドシリブトガガンボ幼虫か
                                 (頭は下)

コケを食べると本にはあるミカドシリブトガガンボと思われる幼虫。
今まで見てきたものとはだいぶ印象が違います。(→過去記事
越冬前にクヌギカメムシの体色が緑から赤っぽくなるのを連想しました。


ミカドシリブトガガンボ幼虫か2

ゆっくり、とてもゆっくり、動きます。
見ていたら頭をもぐらせるような姿勢に。「コケを食べているのかな」

ゆっくり、ゆっくり。
すると、黒い頭がちらっと見えた。

ミカドシリブトガガンボ幼虫か3


「やっぱりコケを食べて見える」
体長13・5ミリ。今まで見た個体のなかで一番大きく感じました。

ミカドシリブトガガンボ幼虫か4





スポンサーサイト

| 昆虫 | 18:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。