FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シリアゲコバチ


シリアゲコバチ

つい最近、本で知ったばかりのシリアゲコバチ。
背後に伸びるこの産卵管で、材に潜むハチなどの幼虫に
どのように産卵するのか興味津々でした。

シリアゲコバチ2


今日も暑くて頭がぼーっとします。
この薪スポットでは10匹ほどのシリアゲコバチが動き回っていました。
けれどすぐには産卵は見られず、ここで
個体数が多いと目線が散って、かえってだめだと気がつきました。

気持ちを入れ替え暑さと戦いながらじっと見ていると、やっと
ぽちぽちと産卵している姿が目に入ってきました。

これは鞘から外れた産卵管を、いま材に突き刺しているところです。

シリアゲコバチ3


シリアゲコバチ4


深く産卵管を材に入れると、それにともなって
ぱっくり割れて見えたお腹が元に戻っていきます。
個体によってはこのまましばらくの間、動かないものもいました。

シリアゲコバチ6


めいっぱい、さらに深く産卵管が入って見えます。

シリアゲコバチ7


今度は産卵管を抜きます。またお腹が割れて見えます。

シリアゲコバチ8


材から抜いた産卵管が鞘に戻っていきます。

シリアゲコバチ9


元に戻りました。

シリアゲコバチ10


個体によってはお腹が割れた姿で長くいるものもいました。
これは寄生相手が潜伏する深さにもよるのかもしれません。

シリアゲコバチ12


この場所で待機する雄の姿が何度も見られました。
小競り合いがおきたりして、縄張りだったのでしょうか。
背景は雌たちが産卵していた薪です。

シリアゲコバチ♂





スポンサーサイト



| 昆虫 | 22:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT