FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

越冬場所

12月12日のこと。

小さな溜池に浮かぶ落ち葉の上にツヤアオカメムシがいました。

ツヤアオカメムシ


ツヤのある緑色の体が目をひきます。
「おや、あっちでも・・・」
寒さのせいか、すくい上げてもじっとしています。
全部で5匹。
と、ここで昨夜の強風を思い出しました。

ツヤアオカメムシ2


近くのクリではいよいよ枝から落ちそうな葉にツヤアオカメムシの姿。
「その場所で本当にだいじょうぶかい?」

ツヤアオカメムシ3



そして12月14日。

常緑の重なり合う葉のすき間でも、この時期はツヤアオカメムシをよく見ます。
ここには4匹。
「うんうん。そこなら少なくとも葉が落ちることはなさそうだね」

ツヤアオカメムシ4


少し前まで見かけていたほかのカメムシたちはほとんど姿を消しました。
彼らの中で、どうやって越冬場所というのは決まっていくのだろうーーー





スポンサーサイト

| 昆虫 | 20:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT