FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台風の前に


Mさんの休耕畑で10秒前後ごとに排泄していたハマベアワフキ。

ハマベアワフキ排泄


この日、観察地に着くと雨がポツポツ降りだしました。


アカガネコハナバチ♂のお休み処を見ると今シーズンもあと1匹に。(→過去記事

アカガネコハナバチ♂


傘をさしながら畑の横を通っていると「なんだかアレ、ちょっと気になるな」

ヒメエグリバ

近づいてみたら、それはヒメエグリバでした。
くしゃっとした枯葉のようです。グラデーョンが効いてますね。

ヒメエグリバ2


最近よく見るツマジロシャチホコ幼虫。まだ小さい小さい。(→過去記事

ツマジロシャチホコ幼虫


このリンゴコブガ幼虫は今の時期だと越冬する個体かもしれません。(→過去記事

リンゴコブガ幼虫


今シーズン見るのが3匹目のネジロキノカワガ幼虫。
一度見つけると出会いやすくなるのでしょうか。

ネジロキノカワガ幼虫


そのネジロキノカワガ幼虫を角度を変えて見ていたら「あらっ、大きな幼虫がいた!」

ネジロキノカワガ幼虫&クチバスズメ幼虫
                  (ネジロキノカワガ幼虫&クチバスズメ幼虫)
これだけ大きいと、かえって周りに溶けこんで見えるような。
ツマジロシャチホコ幼虫同様、体に斜めに走るいくつもの線が葉脈のように見えます。

見つけたときは手前にいたショウリョウバッタモドキは
帰り際にもう一度見ると、葉の奥に。雨をさけているのかな。

ショウリョウバッタモドキ


一緒に見つけていたアカハネナガウンカは、あまり移動していませんでした。

アカハネナガウンカ


ナミテントウ蛹のそばで雨宿りしていたのはハナバチの一種。
もうすぐ台風がくる。

ハナバチの一種&ナミテントウ蛹





スポンサーサイト



| 昆虫 | 20:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT