FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

初見ムカシトンボ


埼玉県某所。
橋から川を見下ろしていると、目の前をトンボが横切りました。
目で追っていると上へ上へ、枝に止まりました。

ファインダー越しにその姿を見て、ピンときたぞ。
「ああ、翅を閉じそうだ閉じそうだ・・・」

ムカシトンボ♂


「・・・閉じた!」
川にいるトンボでいうなら、体型はサナエトンボのようでもあり
だけど翅を閉じる姿はカワトンボみたい。
ムカシトンボはそんな均翅亜目と不均翅亜目の中間的な特異な姿。
毛深いこともあってか、この姿勢にふとツノトンボを連想しました。

ムカシトンボ♂2


ムカシトンボはジュラ紀の残存種と考えられているのだとか。
そんな虫が日本にいるのがちょっと嬉しいですね。

ムカシトンボ♂3


腹先を何度か曲げると、スッと姿を消しました。
この個体は雄でしたが、この川の縁で雌の産卵も見られるのだろうか?

ムカシトンボ♂4



今日出会ったウスバシロチョウは、じっとしていてくれました。

ウスバシロチョウ


モミジにたくさんいたアブラムシを見ていたら、近くに何かをくわえたハチの姿が。
ハバチのようにも見えましたがよくわかりません。
この後その何かをくわえたまま、どこかに飛んでいきました。

不明ハチ





スポンサーサイト



| 昆虫 | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT