FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フユシャクとクモ


「ああ、そうだったか・・・」
締め切りが近づく中、気がつけば家にはヒダリマキマイマイの殻しかあらずーーー

制作途中

製作中のものは、以前出版したダンゴムシたちが主人公の絵本の続編です。
めどがついてきたので来週から少し落ち着いて観察に出られそう。ふう


3日前。フユシャクを見ようと夜の観察に出たのですが1匹も見つかりません。
どうしたのかと思いながら、目につくのはクモ数匹。

アシヨレグモか

交接中かなと期待しましたが、クモがクモを捕えている場面のよう。
こんな冷える夜に活動するクモもいたのですね。

その同種と思われたのがアシヨレグモ。
このクモは、雄の第一脚にコブのようなものがあり、それが名の由来だそう。
下の個体がその雄のようでコブが見えます。上の個体はコブはないのでその雌かしら。
冬に活動するフユシャクは敵が少なく思えますが安全とはいかないようです。

アシヨレグモ♂♀


おや、いつの間にかもうタマバチの姿が。灯りをあてるとお尻を向けちゃう。

タマバチの一種


フユシャクが見当たらず、ひょっとしたらと
近くの教会の灯り周辺を見ると、5種のフユシャクがいました。
その中には、まだ新鮮そうに見えたミドリアキナミシャクの姿も。

ミドリアキナミシャク


こちらはその昼間、北埼玉のとあるトイレで見たフユシャク。
同日夜の飯能では見なかった種ですが、ウスバフユシャクかな。

ウスバフユシャクか


男子トイレもちらっとのぞくと、入り口にいた。
やっぱりウスバフユシャクかな、でも見ているとだんだんわからなくなってくる。

ウスバフユシャクか2


トイレの入り口天井にはオニグモの姿が。春を待っているのでしょうか。
そのほかアシナガグモも3匹くっついていました。

オニグモ





スポンサーサイト



| 昆虫その他 | 15:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT