FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤママユ卵とカシアシナガゾウムシ


イカリモンガが熱心に吸蜜していました。
やがて、すぐ近くで紅葉しているヌルデに移動すると、しばしご休憩。
その後また同じ花へと飛ぶと、再び吸蜜をはじめました。

イカリモンガ

以前白い服を着ていたらイカリモンガが何度も近づいてきたのを思い出しました。
今日は白い服を着てくればよかったな。(→過去記事

先日、ひこばえにいたカシアシナガゾウムシはその後見るたび
少しだけ移動をしています。
今日はヤママユの卵に、まるで座っているような。(→過去記事

カシアシナガゾウムシ


おなじひこばえにいるアカコブコブゾウムシも少し場所を移動していました。
(→過去記事

アカコブコブゾウムシ
                               (下向きに静止)

むむむ・・・なんだかそこ、あやしいな。

蛾


そうっと葉をどかすとーーーああ、やっぱり誰かがいた。
体の向きが逆なら、枝が折れたように見えて面白かったね。
調べてみましたが種名は不明。

蛾2


じっとしているウラギンシジミがいました。
いずれこの個体も良い場所を探して越冬するのでしょう。
以前コナラで越冬していた個体がいました。(→過去記事
落葉樹で越冬しないでね。

ウラギンシジミ





スポンサーサイト

| 昆虫 | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT