FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後のリンゴコブガ幼虫越冬巣作り


経過観察中の越冬前のリンゴコブガ幼虫をまた見ると。(→過去記事
この日は、こしらえた越冬用の巣に体が完全にはまり込んでいませんでした。
「食事に出かけていたのかな、それとも
まだ、巣が完全には仕上がっていないのかしら」

リンゴコブガ幼虫
                                  (上向き)

先日から経過観察しているアカコブコブゾウムシと、カシアシナガゾウムシがいる
アラカシのヒコバエで、古そうなイセキグモの卵嚢を見つけました。
卵嚢は5つ作られて見えます。

イセキグモ卵嚢

今まで見たイセキグモの卵嚢では一番地面近くにありました。
投げ縄を振り回して蛾を捕まえるこのクモの姿を想像すると、
こんな低い場所でも生息していたのかとちょっと意外でした。





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT