FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リンゴコブガ越冬用巣作り、と



おむすびを食べていたらウラギンシジミがやってきて
包んでいたアルミホイルにとまると、口吻をぺとぺとと。お塩がきいていたのかな?


ウラギンシジミ

じっくり見ると、口吻は2本がくっついているんだとわかりますね。

目の前の棒に執着しているアキアカネがいました。
ちょっと意地悪をして指を近づけ触っても、まるで「ここは僕のものだ!」と
いわんばかりなご様子。

アキアカネ♂


以前、リンゴコブガ幼虫が越冬巣を作った木の枝に。
「おや、今シーズンもいましたか」
これはまだまだ制作途中。さて、今年も上手に作れるかな?(→過去記事

リンゴコブガ幼虫
                                  (下向き)

葉の裏をちらっと見ると。こんな姿でいるウマオイ♀を先日も見ました。
「産卵管のお手入れでもしていたのかしら」

ウマオイ


この日もたくさんのお土産を。嬉しい、秋の味覚です。

柿&カボチャ





スポンサーサイト

| 昆虫 | 23:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT