FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ツノトンボ幼虫


縁あって飼育していますツノトンボ幼虫。
ほとんど動かない姿はコマダラウスバカゲロウ幼虫を思い起こします。(→過去記事

ツノトンボ幼虫

しばらくの間、その立派なアゴでノシメマダラメイガ幼虫を
ぎゅっと挟んでいたけれど、食事できていたのか、よくわからない。
私がこの辺だろうと想像していた口元へはエサが運ばれないのです。
養分はどうやって吸うのかな?でも確かにお腹は膨らんで、少し茶色になりました。
あれこれ想像して、そこで初めて「吸収顎」という言葉にたどり着きました。

そうか、アゴから養分を吸収できていたんだね。

ツノトンボ幼虫2





スポンサーサイト

| 昆虫 | 23:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT