FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後の小さな小さな池


ここは史学好きなかたが来る公園で虫観察をする人は見ませんが
キイトトンボが発生しているのを知ってから興味を持ちました。(→過去記事
今日立ち寄ると敷地全面が草刈りされ、水生植物もほとんど刈られ
ショウジョウトンボがぽつんと1匹だけ、枯れ枝で翅を休めていました。
キイトトンボたちは無事産卵・孵化にこぎつけたかな。

どこかにまだいないかと敷地の柵の外がわを見てまわると
アオイトトンボが34匹。うち雌は2匹だけでした。
下方に立ち入れない池があり、そこから上がってきているのか、どうなのか。

アオイトトンボ♂三匹
                                (画面中3匹)

マユタテアカネの体が赤くなった雄型の雌。
雌は翅が無色のものと、このように翅先に褐色斑が出るものといます。

マユタテアカネ雄型の雌・褐色斑入り

そのほか、シオカラトンボ、ヒメアカネ、ミヤマアカネが柵の外にいました。

小さな小さな池ではパトロール中のギンヤンマ♂2匹がいて
近づくと足元でカエルが1匹跳ねました。誰だろう、ヌマガエルかな?

カエル





スポンサーサイト

| 昆虫 | 23:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT