FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キマエアオシャクと今年のスジボソコシブトハナバチの寝床


7月27日、土用芽にいたキマエアオシャク幼虫。(→過去記事
我が家にきてからも若い芽しか食べることはなく、8月7日になると
ざっくりとした蛹巣を作りました。

キマエアオシャク蛹化


8月15日になると、全体が緑色だった蛹の上のほうが白っぽく変化を。

キマエアオシャク羽化前


そして翌16日の夜、気がつけばすでに羽化終了。
しかしこの日は朝まで雨の予報、そこで17日の夜に放しにいきました。
放すときライトを使っていたら、その光に向かって飛んできました。

キマエアオシャク


この日はもう一つ確認したいことがあり、そちらをのぞいてみるとーーー

スジボソコシブトハナバチ

「ああ、遅かったのか・・・」
毎年見ているスジボソコシブトハナバチの寝床を見ると、
いつも一番にぎわっていた第一寝床に、1匹しかいません。(→過去記事
今年は虫の発生が全体的に早いと感じていましたが、それにしても少ない。
ひょっとして、蜜源の問題もあるのかな。(→過去記事
その代わり、昨年は1匹もいなかった第二寝床には6匹がいて、
例年確認できている第三寝床には2匹いました。





スポンサーサイト

| 昆虫 | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT