FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

川沿いにて


普段は入りこまない薮の奥。
川までたどり着くと、薄暗い中コシボソヤンマが産卵していました。
「あっ、ストロボ、ストロボ・・・」
もたもたしていたら、すーっと飛んでった。
もう一度来やしないかと水辺を見ていたら、目玉2つがぬっと浮いてきました。

ウシガエル

「ウシガエルかーー」じっとしているとカエルも全くうごきません。
川に住む小さな主が現れ出たような、ちょっぴり不思議な世界を想像してみたりして。

この川沿いはササが多く、クロヒカゲ幼虫が目につきます。

クロヒカゲ幼虫


むむっ、あの形は怪しいぞーーー

アカエグリバ

アカエグリバ2

アカエグリバは擬態名人(名虫?)。

アマガエルはぺたんと葉にくっついていました。

アマガエル


その後も、コシボソヤンマを気にしながら川沿いを歩いていくと、2度
雄が雌を連れ去るのを見ました。
雄はパトロールに忙しく、縄張り区間を行ったり来たりしています。
こちらはそんな合間に一息ついている雄。

コシボソヤンマ♂


「あまり見たことないような」
そう思って写してみたのはモンキズキンヨコバイでした。

モンキズキンヨコバイ





スポンサーサイト

| 昆虫その他 | 23:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT