FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オオトリノフンダマシ♀の模様の変化


農地の脇を歩いていると、ヤマトシジミがちらちらと。のどかな風景かな。

ヤマトシジミ


この土地の休耕田では、毎年オオトリノフンダマシを多く見ます。
このクモはじっと見ていると、背中の模様がぐるぐる動いて見えるのが面白いですね。

オオトリノフンダマシ♀

オオトリノフンダマシ♀2

2秒後の変化。なんだか怒られているような。

ナシイラガあたりでしょうか、5ミリ程度の幼虫。
まだ葉の表面をけずりとって食べるのですね。葉に描かれた模様がおもしろい。

イラガの一種・幼虫


「クロコノマチョウのような・・・でもちょっと違う」
目線より少し上、ササの葉裏にいた、まだ1センチのクロヒカゲ幼虫。
体に描かれた縦線がなかなかにくいです。

クロヒカゲ幼虫


アリバチは地面をウロウロしているのをよく見ますが、こんなふうに
葉上で何か探し物をしている姿もよく目にします。
なにか食べ物でも探しているのかしら。

アリバチの一種
                            (ムネアカアリバチか)




スポンサーサイト

| クモ | 22:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT