FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オオヨツスジハナカミキリと


卵が2つ、仲良く並んでる。

不明卵

こんなところに産んだお母さんは、誰なんだろう?
※新開孝さんより、ウスキシャチホコの卵と教えていただきました。
なぜこの卵だけで解るのか・・・すごい。

不明卵2


画面右上にオオトリノフンダマシ雌がいて、その葉を左へたどってくと
ぽちぽちっと小さな雄が3匹。

オオトリノフンダマシ♂♀


エビイロカメムシは脱皮中。これで終齢幼虫になったかな。

エビイロカメムシ脱皮中


ハガタキコケガが2匹。羽化したばかりか、または交尾後だったのか。

ハガタキコケガ


いつもは行かない谷津の奥まで行くと、見なれないミズアブが。
調べると、“Oxycera trilineata”なる文字が。なんのこと?

ミズアブ科の一種


コナラの樹液をオオヨツスジハナカミキリがなめていました。
ハナカミキリも樹液をなめるのですね。
幼虫は針葉樹の枯れ材を食べるとか。ここは針葉樹の森の中。なるほどなるほど。

オオヨツスジハナカミキリ





スポンサーサイト

| 昆虫その他 | 20:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT