FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とある谷津で


取り付く気まんまん、と言わんばかりや
ああ両手を広げて待つ君よ。

マダニの一種幼体
                            (マダニの一種・幼体)
アカハネナガウンカがそろそろ発生してそうだな、と思い
毎年見るススキの塊でうろうろと。ふと「ここはマダニ天国なんだよな・・・」と
思って目線をずらすと、おや、まあ、すぐそこに。

そもそも、足もとから飛び出したツノトンボをかがんで写していて気になりました。
「上半身にマダニをくっつけてはなかろうか・・・」
今年は早々と2カ所、小さなマダニに手首をさされました。ああかゆかった。

ツノトンボ♀
                               (ツノトンボ♀)

アカハネナガウンカは2匹を確認。これからたくさん増えていきますね。

アカハネナガウンカ


ミズキでは、エサキモンキツノカメムシの幼体と成体がちらほらいる中で
1匹だけハサミツノカメムシ♂がいました。赤いツノとハサミが鮮やかに見えます。

ハサミツノカメムシ♂


伐採木は移動されやすいので、するとそんな観察地では
ハネナガウンカの幼虫を見るのが難しくなりますね。今日は3匹だけ確認です。

ハネナガウンカの一種・幼虫





スポンサーサイト

| 昆虫 | 20:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT