FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後のオオトリノフンダマシ♂♀と


6月30日に見たオオトリノフンダマシ♀はどこにいるかな、と探すと。
「あっ、いたいた」(→過去記事

オオトリノフンダマシ♀

この観察地はオオトリノフンダマシが多いのですが、
前回とほぼ同じ場所にいたので同個体とみても良いかなと思いました。

ではその後、雄は増えたかしらと周辺を見ると、近くに3匹が。
画面中にはその2匹と上画像の雌が1匹。

オオトリノフンダマシ♂♀か

こちらは画面におさまらなかった雄。小さい小さい。

オオトリノフンダマシ♂か


少し離れたところにはトリノフンダマシ♀。雄は見あたりませんでした。

トリノフンダマシ♀


ん?不自然にぶら下がる枯れ葉がーーー

不明蛾


やっぱり蛾のよう。だれだろう?

不明蛾2


葉上で身繕いをしているエゴヒゲナガゾウムシ♀。
ならばあの面白い顔の雄も見ようと、いつも観察するエゴノキを目指すことに。
でもそこへたどり着く前に、この日はマエグロハネナガウンカの産卵に出会い
日が暮れていったのでした。それはまた後ほど。

エゴヒゲナガゾウムシ♀





スポンサーサイト

| 昆虫 | 20:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT