てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ムツトゲイセキグモ


「あっ・・・しまった!」
それが、ありがたいムツトゲイセキグモだとわかると、ひっくり返した葉を
すぐ元に戻しました。
静かに観察を続ければ、このクモの卵嚢や、投げ縄姿を
そのうちに見られるかもと思ったからです。

ムツトゲイセキグモ

イセキグモは夜、粘球をくっつけた糸を垂らすと、それを
投げ縄のように振り回して獲物を捕らえます。
ある種の蛾の雌フェロモンを発散させるそうで、その匂いに誘われてきた雄の蛾を
仕留めるそうです。

3年前には2メートル離れたところでイセキグモの出嚢を見ていました(→過去記事

ムツトゲイセキグモ2

発見時はこんな様子。
直前まで、葉裏にいるハゴロモやクサカゲロウの幼虫を見ていたので、
ついその類いかと思ってしまいました。
みなさんも、だまされませんようにーーー





スポンサーサイト

| クモ | 20:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。