てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のハネナガウンカの一種の幼虫・2


先日見たハネナガウンカの一種の幼虫がいた朽ち木を見ると、そこに
アヤヘリハネナガウンカがいました。(→過去記事

アヤヘリハネナガウンカ

「君はあのとき幼虫だった子かい?」同じところにいたからって、それはわからない。

別の朽ち木には、今日も数匹を確認。(→過去記事
何の幼虫なのかな、じっとしていた2匹の間にするりと割って入りました。

ハネナガウンカの一種・幼虫


「なんだよ、なんだよ。邪魔しないでおくれよ」

ハネナガウンカの一種・幼虫3


迷惑そうに(?)しばらくウロウロしていた2匹でしたが、やがて
上の個体は口吻を新しい場所に刺しました。

ハネナガウンカの一種・幼虫2


そのうちにもう1匹も、材に口吻を刺しました。

ハネナガウンカの一種・幼虫4


そこに、上にいた先ほどの個体がやってきて、ちょっかいを出し始めましたよ。

ハネナガウンカの一種・幼虫5


ここでしばらくの間、2匹の間で小競り合いが。

ハネナガウンカの一種・幼虫6


そしてとうとう、上にいた個体がこの場所を奪いました。そして口吻を刺します。

ハネナガウンカの一種・幼虫7


奪い合うとは何か魅力がある場所なのだろうなと思って違う角度から見てみるとーーー

ハネナガウンカの一種・幼虫8


何かが染み出ているような?

ハネナガウンカの一種・幼虫9


すぐそばの別の朽ち木の下をのぞき込むと、そこにも3匹。
この観察地、今シーズンはハネナガウンカ天国になるかしら。

ハネナガウンカの一種・幼虫





スポンサーサイト

| 昆虫 | 22:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。