てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サクラとトゲナナフシ幼虫


枯れ木で、トラフホソバネカミキリがうろうろしていました。

トラフホソバネカミキリ

「相手を探しているのかな?」
木を見上げると、上のほうにも何匹もいました。
ちょっと解りづらいですが、画面中だけでも3匹。

トラフホソバネカミキリ2


その木では、クロフトモモホソバエらしきものが産卵を。
忙しそうにあっちこっち動いて、ゆっくり見せてはもらえません。

クロフトモモホソバエか産卵


こちらはヤマイモハムシの幼虫でしょうか。
幼虫たちは自分のウンチを身につけます。
こんなふうにハムシはウンチに縁があるものが多くて、そこにまた惹かれます。

ヤマイモハムシORキイロクビナガハムシ


あら、タカラダニはカメムシの卵もチューチューやるのかな。

カメムシ卵&タカラダニの一種


このサクラの幹にはなぜかトゲナナフシがよくいます。
今年もいるかなと思い、しゃがんでしばらく見ているとようやく2匹見つけました。
相変わらずかくれんぼ上手です。

トゲナナフシ幼虫





スポンサーサイト

| 昆虫 | 22:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。