てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの日のサナギ(たぶん)泥棒


まずは8日のことから。

とある看板を何気に見たら。「あっ、蛹(または幼虫)どろぼうだ!」

不明バチ

小型のドロバチの一種あたりでしょうか。
ハチと思われる蛹を咥えて、どこかへ飛んでいきました。

すると、またすぐにやってきましたよ。
これは今から穴にもぐっていくところ。やがてお尻(腹)から出てくるとーー

不明バチ2


「あっ、またどろぼうした!」

不明バチ3


「ああ、また!」

不明バチ4


「またどろぼう!」こんなふうに何度も何度もやってきては、盗んでいきます。

不明バチ5

最後は、出てきた穴の外で、緑色した何かのかけらのようなものを
噛み砕くような仕草をしていました。どうやらそれでひとまず終了のようです。

さて、この看板には、よく見ると似た穴がほかにもいくつかあります。
見ていた穴のすぐ下にも、ほらね。

不明バチ6

でもこの下の穴にやってくる個体は、上の穴に来ていた個体とは
違った動きをしていました。どれどれ・・・と思い、見てみました。

今は、これから穴にもぐっていくところ。

不明バチ7


そして数秒後、これは穴から出てきたところ。なにも咥えていません。
「ん?飛び立たないな」と思っていると

不明バチ8


「あっ・・・」

不明バチ9


「あれれ、お尻から入っていっちゃった」

不明バチ10

「そうか!この穴をきっと自分の産卵場所にするんだね」
てっきり、盗んだ蛹は自分の子どものエサにするのだろうと思っていましたが
見ていた一連のものは巣の乗っ取りなのだと考えました。
するとあの盗んだ蛹は、ぽいっとどこかへ捨てるのでしょうか。

そして今日。暗い中、ライトで照らしてみるとーーーああ、もう巣は完成されたね。

不明バチの巣





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。