てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

忙しい季節


この低木はウメだったかモモだったかーーー
その幹やら枝に執着しているサトキマダラヒカゲがいました。

サトキマダラヒカゲ&タマカタカイガラムシ

「そんなところから樹液なんて出てるのかな?」
そう思い見ていましたが
「これはタマカタカイガラムシの排泄物を吸っていたのではなかろうか?」

サトキマダラヒカゲ&タマカタカイガラムシ2

丸くぷつぷつ写っているのがタマカタカイガラムシ。びっしりくっついてます。

コナラではお馴染みのムシクソハムシが産卵中。
卵を包むウンチケースが少しずつ少しずつ大きくなっていきます。

ムシクソハムシ

こちらはアラカシにいたシギゾウムシ。「カシシギゾウムシかな?」
長い口吻を刺しては少しずつ移動していきます。「食事中かしら」するとーー

シギゾウムシの一種

あら、おかしな格好になった。

シギゾウムシの一種2

腰あたりにいる小さなハチ(たぶん)に驚いたかな?とも思いましたが

「おや、またやった」

シギゾウムシの一種3

口吻を刺すにあたって、力が加わった結果ではと思いましたが、さてどうだろう。


ツツハナバチたちの巣では、竹の筒のもうだいぶ手前の方で
作業しているものもいました。(→過去記事
「きっとたくさん卵を産んだんだね」

ツツハナバチ
                             (左右に1匹ずつ)

もう薄暗い谷津では、クロスジギンヤンマが2匹、忙しそうに産卵していました。

クロスジギンヤンマ





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。