てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

センブリそのほか


これはネグロセンブリでしょうか。
「今年ももう出てきたんだ」と思い写していると、向こうに鳥好きMさんが登場。

クロセンブリか

「おや、こっちにも」
羽化したばかりなのか2匹ともじっとしていました。
さて、今シーズンも産卵を見ることができるかな。(→過去記事1過去記事2

クロセンブリか3


Mさん「シッポがぴょんとなっているの、見てみる?」。
それは、アシベニカギバ幼虫のことでした。
あっちにも、こっちにもいるよ、とMさんは次々にこの幼虫の案内をしてくれます。
ちなみにこの個体は、数日前からこの姿勢のままなのだそう。

アシベニカギバ幼虫


頭かくしてお尻かくさずでいるのは、アカコブコブゾウムシ。
別所で野ざらしで越冬していた個体はすでに枝から姿を消しました。(→過去記事

アカコブコブゾウムシ


前方を行く虫を追うと、それはウスチャジョウカイでした。
そして枯れ木に止まると、潜ろうとします。
「寒いのかな。眠いのかな。お腹がすいたのかな。かくれたいのかな?」

ウスチャジョウカイ


「おや、また戻ってきてる」
3日前のほぼ同時刻には越冬場所から姿を消していたムラサキシジミが
今日は戻ってきていました。

ムラサキシジミ

「ねえ、どこいってたの?」

ムラサキシジミ2


ウラギンシジミは今日もまだ動かない。(→過去記事

ウラギンシジミ





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。