てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの春


もう活動開始しているだろうと思っていたのですが
まだ越冬体勢でいたウラギンシジミ。

ウラギンシジミ

ここは夕方にもなれば渋滞をおこす県道脇に植えられた木。
同じく経過観察していた越冬ムラサキシジミがいたのはもっと森の中で、そちらは
今日見ると姿を消していました。


コミミズク幼虫

あと数日もすれば羽化するであろうコミミズク幼虫。
この木では昨年産卵を確認(→過去記事)、
今年始めには枝先にうじゃうじゃ越冬幼虫がいたのですが、その後枝打ちされ
ほとんどがいなくなってしまいました。今日は11匹だけ確認。


シリブトガガンボ幼虫

コケ付近を見るとシリブトガガンボの一種の幼虫は、まだ幼虫のまま。(→過去記事
今シーズンは本当にたくさん見ました。今日も1本の木だけで3匹確認。


アカガエル幼体

水辺を見れば、もうアカガエルのオタマジャクシが泳いでいました。
それぞれの春の過ごしかた。





スポンサーサイト

| 昆虫 | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。