てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬のおなじみさん


冬の友だち、アカコブコブゾウムシ。

アカコブコブゾウムシ

2月15日に見たときからすると、ほんの少し移動していました。
枝にぎゅっとしがみつく、おなじみのこのポーズに
母性本能をくすぐられる人は多いようです。

アカコブコブゾウムシ2

常緑の枝で隠れるように越冬するものもいれば、この個体のように
雨風がしのげぬところで過ごすものも。「君のほうが春の目覚めは早そうね」

越冬ムラサキシジミは、下向きに体勢を変えていました。(→過去記事

越冬ムラサキシジミ

別角度から。前方でぴたりとくっつけている2本の触角が、いいかんじ。

越冬ムラサキシジミ2


こちらもおなじみのキノカワガ。
この色合いといい、本当にまあ上手く木の皮にとけ込んでいます。

キノカワガ





スポンサーサイト

| 昆虫 | 17:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT