てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

越冬リンゴコブガ幼虫2016


〈追記あり〉


昨シーズンと同じ木で
今シーズンもリンゴコブガ幼虫が越冬用の寝床を作りました。(→過去記事

リンゴコブガ幼虫2

枝にくっついているのはこの幼虫の長い毛と思われます。

そもそもこの幼虫をここで発見したのは10月1日。
そして下は、10月4日の姿です。

リンゴコブガ幼虫
                              (10月4日撮影)

10月10日に見るとこの越冬用の寝床は完成されているようにも見えましたが、
このように長い毛はまだ体についていました。

リンゴコブガ幼虫5
                             (10月10日撮影)

幼虫が寝床を作って越冬するのを見るのはこれで3度目。
すると、この寝床を見つける「コツ」がひとつ、わかりました。
それにはまず、とある痕跡に気がつくこと。
下の写真にはその痕跡が3つ、とても小さくですが写っています。

リンゴコブガ幼虫4

「むむむ・・・ならばこの一角にも、きっとリンゴコブガはいるはずだ」
そう思い見ているとーーー、右に垂れるように写る枝に見つけましたよ。

リンゴコブガ幼虫3

ほらほら。という訳で、この冬は2つの寝床の様子を楽しめそうです。

〈追記〉
この姿を見ていて「・・・あっ。」と思ったことが。それは
この幼虫特有の、風変わりにいくつも積み上げられた頭部の脱皮殻。これは
身を守る役目もあったのでしょうか。



スポンサーサイト

| 昆虫 | 20:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。