FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スカシカギバと猪肉と


Mさんの畑の脇にあるコナラを見ていると。

ん?だれかが、ぶら下がっているぞ・・・

スカシカギバ


それは、幼虫時代をウンチむしとして過ごすスカシカギバでした。(→過去記事

スカシカギバ2
 
ああ、これは芸術作品だな、と思っていると
「伊藤ちゃん、いいところに来たー」とMさんが声かけてくれました。


なんでも昨日、イノシシが檻に掛かかって、そのお肉をいただけるとのことです。
今年この周辺はイノシシ被害が尋常でなく、Mさんも畑仕事をする意欲を
失いかけているほどでした。
Mさんの畑では無農薬で牛糞堆肥を使うため、作物だけでなく
イノシシたちはミネラル豊富な土を食べにくるのだとか。
肉は30分以内にさばかないと血が周り臭みが増すことなどを教えてもらいました。

食べた猪肉は臭みが全くなく、ちょっと固めの豚肉といった感じで美味しかったです。
初めての味に感動、いただけたことに感謝。
そうして私は、9月10日に同じ土地で田んぼのネットを倒して去っていった
3頭の子どもイノシシを思い出しました。
今回、一つの檻に掛かったのは4頭。それでも母は子を守ろうとしていたそうです。
                              




スポンサーサイト



| 昆虫 | 20:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT