FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アブたち


一昨日の9月15日。その日、野良ニラの花はアブでにぎわっていました。
中でも目を引いたのは黄色が鮮やかなヒゲナガハナアブ。
しょっちゅう会える相手ではない彼らを、この日は3匹確認。
また見たくて脚を運ぶと、今日はなぜかハラナガツチバチばかりでした。

そんなことで。こちらは2日前のヒゲナガハナアブの一種です。

ヒゲナガハナアブ

忙しそうに飛び回っては口吻をペタペタとやっていました。
どうも幼虫の生態など、よくわかっていないようです。
「ああ、そんな幼虫を見つけてみたい・・・」気になるアブです。

ヒゲナガハナアブ2


こちらは眼に特徴のあるキゴシハナアブ♂。

キゴシハナアブ♂


キゴシハナアブより少し小さい印象のホシメハナアブ♂。

ホシメハナアブ♂


同じ観察地のすぐそばで、先日はルリハナアブを見ました。
17時半にもなるころで、20分経っても同じ穂に止まり
ずっと身繕いをしていました。「もう休む準備かな」

ルリハナアブ
                              (9月10日撮影)

こちらも同じ空間で撮影したアブ。
トゲナシミズアブの一種でしょうか、青が印象的。

ミズアブの一種か
                               (9月1日撮影)
あちこち歩き回っては「ペタペタペタ」と、ずっとやっていました。

ミズアブの一種か2


そして今日。私の指に止まり「ペタペタペタ」とやる小さなアブが。

アブ


少し、くすぐったい。そのうち複眼のお手入れなんかしちゃって。
ちょっとした仕草が、かわいらしいの。

アブ2





スポンサーサイト



| 昆虫 | 20:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT