FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後のコミミズクの成る木にて


5月20日に産卵を確認できたコミミズク成虫の成る木。(→過去記事
さすがにもう孵化しているだろうとじっくりじっくり探すと、
その小さな姿が見えてきました。

「透きとおって見えて、きれいね」

コミミズク幼虫


どれどれ・・・と思い計ってみると、体長はまだ5ミリ程度。

コミミズク幼虫2

目がなれてくると、幼虫たちはあちこちに散らばっていました。

まだ小さく、幼体と思われるアリグモの一種がどこか落ち着かない様子で
この場に執着して見えます。
「あやしいぞ」と思いライトを当ててみると、

コミミズク幼虫3

「ああやっぱり、ここにもいた」

コミミズク幼虫4

この幼虫の大きさは7ミリほど。
やがて終齢幼虫になり、この木で越冬する彼らの姿を今年はたくさん見られそうです。





スポンサーサイト



| 昆虫 | 20:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT