てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

また逢いたい


昨日と同じ時間帯に越冬クロコノマチョウを見に行くと、残念
もうそこにはいませんでした。(→過去記事
周りの落ち葉の位置に変化はなかったので、自ら移動をしたのだと思えます。
「このままじゃ雨が降ればぬれちゃうし、雪だとなおさらーー?」
と思っていました。今ごろは落ち葉にでももぐり込んでいるのでしょうか。


キタキチョウとムラサキシジミは、今日も変わらず定位置に。(→過去記事

越冬キタキチョウ
                               (キタキチョウ)

越冬ムラサキシジミ
                              (ムラサキシジミ)

明後日はさらに気温が上がる予報だとか。
このキタキチョウが動き出しちゃわないかと、ちょっと気になります。





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3日目の越冬クロコノマチョウ


今日は都内に用事がありました。
越冬中のクロコノマチョウのその後が気になり急いで帰るも現地につけばもう17時。
「まだいるかな・・・いるかな・・・」
目印にしてあった植物と、Y字の枯れ枝を頼りにじりじり近づくも、あれれ
昨日の位置にはもういない。(→過去記事
「今日は暖かくて移動しちゃったかな」
そう思っていたらようやく見つかりました。

越冬クロコノマチョウ3

越冬クロコノマチョウ2


昨日と一昨日は、枝の二股に分かれている画面手前のほうにいましたが、
今日はもう片方の枝先の、ちょっと上のほう。
ここは斜面になっているので、ほんの少しだけ上に移動をした感じです。

越冬クロコノマチョウ

しかし見事。ここにいるよと知らなければ、もう見つからない、見つけられない。

引いて見れば、こんなふう。
画面中央に目印のY字の枯れ枝が写っています。

越冬クロコノマチョウ4

ああどうか。その擬態、落ち葉をガチャガチャやるガビチョウギャング団に
見破られないでおくれよ。





| 昆虫 | 20:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

越冬ムラサキシジミと越冬キタキチョウ


「あっ。そんなところにおりましたかー」

越冬ムラサキシジミ

そこにいるとは知らずガサガサとやってしまったものだから
下向きに止まっていたのにゆっくり動き出してしまいました。

だっていたのはこんなところ。

越冬ムラサキシジミ3

地上25センチくらいのところでしょうか。
左に写る常緑の葉に引っかかっている枯れ葉に紛れておりました。

一時間後に見ると、こんなかんじ。

越冬ムラサキシジミ2

下向きにまた戻っていました。これが定位置のよう。

ここにチョウがいるよ、と言ってみても、わからない人は多いと思います。
今まで見たムラサキシジミの越冬やお休み処は、もっと地面から上のほうだったので
まさかこんな足下にいるとは思いもよりませんでした。

今日は、越冬中のキタキチョウも見つけました。

越冬ムラサキシジミ2

この黄色、ちょっと引いて見るともう周りにとけ込んでしまいます。
上手くできているなと思います。

越冬キタキチョウ





| 昆虫 | 22:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

越冬クロコノマチョウ


まずは昨日25日の画像からーーー

落ち葉の上をガサガサと、音をたてながら
とある場所へ踏み込むと、ふわりクロコノマチョウが飛び立ちました。

越冬クロコノマチョウ3

「おっ、これはーーー」
その後の動きを追いたくて、音を立てないように、しばらく立ち止まっていました。
そのときの時刻15時05分。

角度を変えて見たところです。
もう、どこにいるのかまったくわかりません。

越冬クロコノマチョウ2

越冬クロコノマチョウ

その後はほんの少し体を起こしただけで、17時12分になっても結局このまま
動きませんでした。

もしもこのチョウが落ち葉にもぐって越冬するならば、その姿を
この目で確かめてみたいと思っていた私は(→過去記事)翌日に、また目的の場所までガサガサと。

するとーーー「あー、いたいた!」

越冬クロコノマチョウ5

今度は飛び立たせないように、しずかに、しずかに近づきました。
すると、昨日からほんの数センチ移動をしていただけで、あとは体の向きを変え、
落ち葉の上に横たわって見えました。
たったそれだけなのに、見つけだすのにそれなりに時間がかかりました。

ちょっと引いて見ると、もうどこにいるのかよくわかりません。
「うーん。さすが枯れ葉擬態よ」

越冬クロコノマチョウ4





| 昆虫 | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青梅のムササビを見に


「青梅の森に行くけど、どう?」
この日、ムササビに絶大な愛をそそぐリサさんから一報いただき、もちろん!と、
行ってきました青梅の森へ。
着くと、熊谷さとしさんともきりんさんももうそこにいて、
今宵は何かおこりそうな予感にわくわくして待ちました。

こちらは、今日ダブル主演の男の子。
それまで、向かいの樹にある巣箱からチラチラ顔を出してはいたのですが
あるとき、ひゅーっと滑空を。この巣箱までたどり着くと、そわそわ、そわそわ。
彼は中にいる女の子が出てくるのを、今か今かと待ちわびているのです。

青梅のムササビ

こんな間近でムササビが見られる環境があることにまずは驚きました。
青梅在住、熊谷さんの行動力の賜物でしょうね。

この後、雄がコナラの幹を上がると、雌が巣箱から顔を出しました。
待ってましたと雄が戻るやいなや、2頭はコナラをかけ上がっていき、とうとう
幹で数秒の交尾が見られました。感動の瞬間です。
すると「おめでとうー!」の声。
ああ、リサさんは本当にムササビが好きなのだなぁと実感。

帰りのコンビニでは熊谷さんが皆にコーヒーのごちそうです。
「乾杯!」
3人のまだ興奮さめやらぬ顔を眺めるとこれまた幸せな気持ちになりました。
お三方はもう何日も足を運んでは交尾の瞬間を待っていたそうです。
そこに、ひょいっとやって来た私も交われたことに感謝、感激でした。





| ほ乳類 | 23:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |