てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アブラムシのコロニーで


ササなどにいて、粉をふいているアブラムシと言えば
ササコナフキツノアブラムシやタケツノアブラムシでしょうか。
と、なれば。虫好きがすぐ連想するのは、このアブラムシを食べるゴイシシジミ幼虫。

アブラムシコロニー

そんなアブラムシのコロニーで、どこか怪しき塊を発見。
「むむむ・・・あれはゴイシシジミ幼虫の越冬巣ではーー?」

そこで少しだけ、巣らしきものの中をのぞいてみました。
「うーん・・・確かに、なにかが、ある」

ゴイシシジミ幼虫2

ゴイシシジミの幼虫に似て見えるけれど
このアブラムシを食べる生き物はほかにもいるし、断定はできません。
もうこれ以上、巣を広げるのは気が引けるので止めました。


ヒメカギバエダシャク幼虫

すぐそばのコナラのひこばえには、おなじみのヒメカギバアオシャクの幼虫。
このひこばえでは毎シーズン彼らのけなげな姿を見ています。





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつもの地衣スポットへ


18日のこと。
この日は観察に出ても、なぜか集中できないのです。「どこかがへんだ・・・」
夜には鼻の調子もおかしくなって理由は風邪と判明。
二日後に38・9度の熱となりました。

体は正直なもんだなぁと、妙に感心してみたり。
そして熱は下がり、この日は様子をみながらの虫見です。

谷津へ向かう途中にある地衣スポットで、ちょっと立ち止まって、見る。

トックリバチ産室

トックリバチの巣(産室)を発見。この形はいつ見ても感心しちゃう。

その奥に蛾が止まっていました。「アツバかな?」

蛾


こちらは小さなガガンボのような、カのような。何者かよくわかりません。

ガガンボか


アカスジシロコケガの幼虫でしょうか。あちこちにいました。

アカスジシロコケガ幼虫


ちぢこまったなにかの幼虫。この場所でよく見るホシオビコケガあたりかな?

幼虫


コケガの繭と思われますが、どうでしょう。

コケガ繭か


これはキノコと言っていいのかしら。
白い部分は胞子でしょうか、薄暗い中にあって美しさを感じた。

キノコか


やっと、見えてきた、見えてきた。
この地衣スポットではおなじみのコマダラウスバカゲロウの幼虫たち。

コマダラウスバカゲロウ


ぞくぞくと見えてきた。空繭もいくつも確認。
5日前とはもう違って、だいぶ集中できています。
こうなれば、もう体の回復を確信しちゃう。

コマダラウスバカゲロウ幼虫2


蓋つきの、おなじみの巣。これはキシノウエトタテグモのもの。

キシノウエトタテグモ巣


小さな巣もたくさん見えてきた。画面中には2つ。
7月前後にもなるとトタテグモの巣から発生するというクモタケを
ここではいくつも見ることができます。

キシノウエトタテグモ巣2





| 昆虫 | 23:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新開孝さん新刊本


内容たっぷり、大大満足!

新開孝さんの本

わくわくが、ページをめくる度にずっと続きました。

虫との接しかたも、十人十色。
ある人と感覚が似ているようで、でもどこかは違っていたり。
まるっきり重なる人などいないのかも。そこがまた面白くてなにかを学べるところ。
この本で「しわざ」を知って、そこから虫に興味を持つのも良いなと思います。

このたび私の名もチラリ載せていただきました。
虫が仲介してくれたご縁、嬉しいです。


ベニシジミ幼虫
                         (画面中央・2月18日撮影)
こちらは先日写したベニシジミ幼虫。
この本でも紹介されていました。
さあ「しわざ」を知って、虫を探しにまいりましょう!





| その他 | 10:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒメハマキの交尾


「雌を探しているんだな・・・」
そう思い、地面すれすれをちらちら飛ぶ姿を見ていたら
あっという間に相手を見つけ、交尾が成立したようです。

ヒメハマキの一種交尾
                              (右が雄であろう)

この時期は目にする虫がどうしても少ないので、こんな場面に出会えると嬉しい。
「さて、では君たちは何者なんだい?」
と、名前を調べだすとヒメハマキ亜科に似た種が3つありました。
その中で発生時期が一番近いと思われたのがハラブトヒメハマキです。

2匹のすぐそばでも数匹がちらちら飛んでいました。
それも同種だったのかはわかりませんが、活発に飛ぶ姿を見て
てっきり昼行性の蛾なのかと思いました。





| 昆虫 | 22:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬のいもむしたち


ちょいちょいっと触ったら、頭だけ動かした。
「そうだったか。きみは生きていたんだねーーー」

不明幼虫

一昨日Kさんからのメール。「家内が写したこの変な虫は何?」
それは体が縮まって見えて死んでいるのか、それともこれが越冬姿なのかわからない。
種名以前に生死が知りたくなった私は、今日すたこらさっさと出かけると
M奥さんが待っていてくれた。

そして約3時間後にまた見ると、来たときと同じ姿勢に。
大きさ5ミリほど。いったい何者なんだろう。

不明幼虫2


こちらはアシベニカギバ幼虫。
枝に張りついていて、やっぱり生きているのか、死んでいるのかわからなかった。
しっぽ部分をくいっとさわると、おや、すっと持ち上げたよ。

越冬アシベニカギバ幼虫


足元にあったアセビの葉をゆらしてしまったら、地面にぽろっと枝が落っこちた。
いいや、ちがう。枝じゃない。

越冬イモムシ
                            (画面中央にいもむし)




| 昆虫 | 21:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

越冬中


これは、昨年の10月10日から見続けているリンゴコブガ幼虫と、
その幼虫が作った越冬用の寝床です。(→過去記事

リンゴコブガ幼虫


リンゴコブガ幼虫2

この幼虫はちょっと変わった生態をもち、脱皮した頭の殻を積み重ねていきます。
よく見ると、その頭の殻がいくつも見えますね。
この殻を数えることで、現在この幼虫が何齢かがわかります。


こちらもコブガの一種と思われる繭。ちらほらと見かけるのですが
種名はまだ知りません。

コブガ繭


コブガ繭2

せいぜい1センチほどの繭。枝の皮でできていて、非常に繊細に見えます。
小さな幼虫が、えっちらおっちらと皮をはぎ取る姿を想像すると愛おしくなります。


こちらも今の時期あちこちで見かける幼虫ですが、名前を知りません。
体をピンとのばして、いじらしい。

イモムシ



| 昆虫 | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ


伊藤知紗作品
                         「伊藤知紗・空繭みつけたよ」

今日から2月27日まで。
青山ピンポイントギャラリーで「100人の鳥獣戯画展」が開かれます。(→詳細
私も参加させていただきました。
近くへお越しのさいは、ぜひ。





| 仕事 | 11:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬の姿


足元を見れば、張りつくように葉を広げているスイバが、あちこちに。
「これはベニシジミ幼虫の食痕かも・・・」
それは画面中央の葉。幼虫は葉の裏の面をはぎとるように食べます。

スイバ


そうっと、葉を裏返してみれば。ああやっぱり、いた。

ルリシジミ幼虫

「なんて小さいんだろう・・・」
肉眼ではそれだと確認まではできなかった。ああ、地面を踏みつける怖さよ。

コナラの枝には、冬におなじみのカシアシナガゾウムシさん。

カシアシナガゾウムシ

枝にしがみついて越冬するこの類のゾウムシは、何度見ても絵になるなぁ。

カシアシナガゾウムシ2


道路脇にあるジャコウアゲハスポットを見ると。
あら、蛹がひとつ落っこちてるよ。

ジャコウアゲハ蛹

「羽化できるのかな?」
帰り道。歩きながら、手のひらにある蛹に何度も目をやりながら、思う。





| 昆虫 | 22:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のトゲナナフシ


仕事が終わってほっとして、さあ、虫観察にくり出そうと思った矢先
脚をくじいてねんざして。とほほです。

トゲナナフシ2

そんなわけで今日は家の中でおとなしく、トゲナナフシを飼育中の
虫かごの掃除をしました。(→過去記事
卵は109個まで確認。
まだじっくり探せば、一緒に入れてある植木鉢の中に転がっていそうです。
トゲナナフシは単為生殖で子孫を残します。雄のいらない世界や、いかに。




| 昆虫 | 17:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。