てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ならんだ卵

几帳面なお母さんだったのかな。


ウスタビガ繭&卵


6つ並んだ卵。
じーっと見ていると、なんだか肩寄せ合って春を待っているような。


ウスタビガ繭&卵2


羽化したウスタビガの雌は、一回目の産卵を自分の空繭やその周辺にするよう。
卵付きの空繭は何度と見ていますが、こんな横一文字は初めてだったので
ちょっと楽しくなりました。





スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ活動か


カギシロスジアオシャク幼虫に似たイモムシ2匹のその後を見にいきました。
→過去記事

2匹ともほとんど同じ姿勢で動きなく思えるのですがーーー
「ん?あっちの子はちょっとあやしい・・・」

カギシロスジアオシャク幼虫か


カギシロスジアオシャク幼虫か2

角度を変えて見たら、このとおり。食事をしたようです。
もう1匹のほうはそういった形跡はまだありませんでした。
同じ木にいても、やっぱり違いがあるものですね。

今日は4月の暖かさでした。明日はまた気温が下がるようです。


〈追記〉
2014/5/14にて。カギバアオシャクと判明(→その記事





| 昆虫 | 21:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

卵のその後

サンゴジュハムシ卵か

昨年12月17日に見つけたサンゴジュハムシの卵と思われるその後を
見てきました。(→過去記事
産卵時に雌が卵にかぶせたウンチなどの屑が少しはがれていますが健在です。

谷津にはまだまだ雪が残っていました。
雪や強風をやりすごし、偶発的事故にも合わずに、よくぞ過ごせてきたもんだなと
心強くも感じます。





| 昆虫 | 20:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しくしくしく・・・

この愛くるしい顔に、少しだけなぐさめられました。


チャイロアサヒハエトリ
                         (チャイロアサヒハエトリ)

越冬ムラサキシジミのその後を見にいったら
枝がバッサバッサとやられた後でした。(→過去記事
あの大雪をやり過ごせたのに敵は他にもいたようです。

「おーい。元気だしなよー」





| クモ | 21:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ほかの場所のムツトゲイセキグモ

今日は、虫友Yさんが見つけたムツトゲイセキグモを見に
いつもと違う雑木林へ行きました。

まだ雪はたくさんあって、あっという間にクツの中はびしょびしょ。
教えていただいた葉を1枚1枚、丁寧に見ていくとーーー

「あー、いたいた!」

ムツトゲイセキグモ2

体調3ミリほど。
他所で見続けているムツトゲイセキグモ(約7ミリ)の半分しかありません。
→記事
大きさが違うとずいぶん印象も違ってみえます。
「これは見ておいてよかった!」Yさんどうもありがとう。


ムツトゲイセキグモ
                                 (画面中央)
                 

幹や枝をうんと反らせて地面の雪に埋まったままの木々が今もたくさんあります。
あの枝先にも虫たちはきっといただろうなーーーと、思ったりしています。





| クモ | 22:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

間違える

少しの間、虫だと思い込んで写していました。


偽イモムシ

こういったことは度々ありまして、間違いに気がついたときは
いつも心の中で「ははは・・・」とやってます。

さて、上と下。どちらがその間違えたものかわかりますか?

イモムシ

               
        (ヒント。よく見ると本物のシャクガ幼虫は口から糸を出してます)





| 昆虫 | 21:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小グモ

トガリオニグモ幼体か

葉裏にいた2ミリのクモ。
この時期この大きさのクモはたくさんいて私には区別が難しいのですが
横から見るとお尻(腹部)の先が少し尖っていたので
これはトガリオニグモの幼体かもなと思いました。

模様がちょっとおしゃれさん。





| クモ | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後の越冬ムラサキシジミ

このところ、枯れ葉のもっと奥のほうにいることが多かったのですが
今日は少しだけ前に出てきていました。(→過去記事

ムラサキシジミ3


「この先また雪が降るともかぎらないからね、
今しばらくはそこで様子をみていなよ・・・」

ムラサキシジミ


3度の雪の日を支えたのは、折れても離れないでいるこの枝。
折れて右にめくれ上がった枝の先の枯れ葉にムラサキシジミがいます。
ここがあの大雪や強風でやられていたら、さてどうなったか。

ムラサキシジミ5


画面中央に小さく写る枯れ葉がそれです。
そのときがくるまであと少し・・・もう少し・・・

ムラサキシジミ2





| 昆虫 | 18:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪のあと

私の住む辺りでは14日の雪は8日に比べて1・5倍は降ったように感じます。

森の中はまだ場所によってはひざまで雪に埋まります。
8日の雪の日よりも常緑の木や枝がさらに折れているようでした。


森

同じ場所を14日に写したものが下になります。
このとき時刻はまだ15時でしたから、この日このあと
どれだけ積ったものかと思います。

森2


昨年12月23日にこの森で見つけたムツトゲイセキグモは
3度目の雪をもやり過ごすことができました。(→過去記事

ムツトゲイセキグモ


葉裏でじっと越冬しているミノオキイロヒラタヒメバチ。(→過去記事
となりの枝にいたもう1匹は、枝ごと消えていました。

ミノオキイロヒラタヒメバチ


12月25日に見つけてからずっと枝に張り付いてるイモムシ3兄弟。(→過去記事
このサクラの根際から生えたほかの枝はほとんどがなくなりました。

虫たちが春を迎えるためには生命力と、運も必要なんだと感じます。

ヒロバツバメアオシャク幼虫か


「あれー、まだいたんだ」
14日の雪ふる中で探したときは見つからなかったハイイロリンガ。(→過去記事
なんのことはない、10日に見たときとまったく同じ葉裏で再会です。

ハイイロリンガ





| 昆虫その他 | 21:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の日のミノオキイロヒラタヒメバチ

あれよあれよという間に積った雪。
さらさらで、やわらかいかき氷のよう。
そっと口にすると「おや、美味しい!」。
雪はホコリっぽい味としか記憶になかったので嬉しくなりました。

そんな雪も、森の中ではちょっと恐ろしくも見えてきます。
雪を冠った木や枝があちこちで折れそうなほどしなっていました。


ミノオキイロヒラタヒメバチ


ミノオキイロヒラタヒメバチ2

先日見つけたミノオキイロヒラタヒメバチ。(→過去記事
もう3度の雪をここでやり過ごしてきたのでしょうか。

「がんばれ、がんばれ」

ミノオキイロヒラタヒメバチ3



ミノオキイロヒラタヒメバチ4

いつもはだいぶ上にあるこの枝も、雪の重さで目線近くまで垂れ下がっていました。
今日新たに見つけたこのミノオキイロヒラタヒメバチは
今日でなければ見つからなかったかもしれません。





| 昆虫 | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のキノカワガ

翅の模様や色に個体差を感じるキノカワガですが、この個体は
回りの地衣類に似た色が背中(胸部)にあるところがいいなと思っています。

キノカワガ
                              (2月11日撮影)

8日の雪の日はすっかり見失ってしまいました。
あらためて見れば以前とまったく同じ場所にいます。(→過去記事

キノカワガ2
                               (画面ほぼ中央)
ちなみにその8日はこんな感じでした。

キノカワガ3
                                 (画面中央)
このときはもう去った後かもと思い、その周辺を撮っておきました。
雪にほとんど隠されて解り難いのですが、よく見ると薄緑色の背中が写っていました。
このとき時刻は4時半。
あの日の雪を思い起こせば、この後キノカワガは完全に雪に覆われたのでしょう。

どうやら明日もまた雪がふりそうです。





| 昆虫 | 21:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪にも負けず


カギシロスジアオシャク幼虫か


森の中はまだまだ雪が残っていて、靴の中までぬれて冷えきってしまいました。
この雪もたえる越冬虫たちはすごいなと思います。

このカギシロスジアオシャク幼虫に似ているイモムシも(→過去記事
2度の雪にたえました。

カギシロスジアオシャク幼虫2
                            (2014/2/4撮影)

今日は同じ木でもう一匹見つけました。さて、正体はいかに。


〈追記〉
2014/5/14にて。カギバアオシャクと判明(→その記事





| 昆虫 | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつかの繭

3年前の夏。ヌルデの葉裏で見た、こんなかわいい繭。

今日はこの繭を作る蛾に会いました。

ハイイロリンガ繭
                           (2011/7/25撮影)

その蛾はなかなかの擬態名人だったようで
止まる場所によっては気づかなかっただろうと思います。

ハイイロリンガ

それはハイイロリンガ。
ほら、なんだか葉のくたびれた部分に似て見えますよ。

ハイイロリンガ2


森の中はまだあちこち雪に覆われていて、いつもとは目線がちょっと変わります。
普段は気にも止めない枝先で見ることができました。





| 昆虫 | 20:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミノオキイロヒラタヒメバチ

森の中はまだ雪がやわらかくて場所によってはひざ下まで埋まります。
太い枝があちこちで折れていたのが痛々しくみえました。


小さな社に手を合わせ、ならばと
そばにある常緑の葉裏をのぞいたら、いた、いた。

ミノオキイロヒラタヒメバチ


ミノオキイロヒラタヒメバチ2

社の神様ありがとう。
それは越冬している姿を見たいと思っていたミノオキイロヒラタヒメバチです。

これは昨年8月30日のもの。
このときは忙しく飛び回り、止まると触角でその周辺を探っていました。
この枯れ葉にも興味があったのか、やはり止まるとしばらくうろうろしました。
ハマキガの幼虫に寄生するとあります。

ミノオキイロヒラタヒメバチ3


「ーーーおや、あっちの枝には2匹いるぞ」

ミノオキイロヒラタヒメバチ4


ミノオキイロヒラタヒメバチ5

このおかしな越冬姿を見たかったのです。





| 昆虫 | 17:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

今日から22日まで

南青山ピンポイントギャラリーにて
「100人の魔女展」があります。(→詳細はこちら

私も参加させていただきました。


キヌアミグモとちいさな魔女
                    キヌアミグモとちいさな魔女 / 伊藤知紗





| 仕事 | 00:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪とウラギンシジミ

時刻は一時半。
雪がこれ以上つもる前にと越冬中のウラギンシジミを見にいきました。(→過去記事

ウラギンシジミ


ウラギンシジミ2

4日前とはちがって細かくてさらさらの雪。
東京で生まれ育った私は身近でこういった雪を感じたことは
あまりなかったように思います。

同じカシで越冬中のもう1匹。

ウラギンシジミ3


ウラギンシジミ4

「脚の辺りに雪がたまってしまうもんだねぇ」


これは隣の谷津で越冬中のもの。
ウラギンシジミの白い翅と、雪。
居場所を知っていないと雪のふる日は見つからないかもしれません。

ウラギンシジミ5





| 昆虫 | 22:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪のコミミズク幼虫


コミミズク幼虫


コミミズク幼虫2

雪の下でも2匹はいっしょ。(→過去記事

がんばれ、がんばれ。





| 昆虫 | 20:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キノカワガと

今シーズンは4匹の越冬キノカワガを見つけていましたが
今でも同じ場所にとどまっているのはこの1匹だけとなりました。


キノカワガ4



下は昨日の雪降る中で写したもの。
翅を軽く山型に立てていて、いつもより樹皮と体にすき間ができていました。
「こうやって樹皮を伝ってくる水をやり過ごしているのかな?」

キノカワガ



次は、少し前の1月18日に写したもの。
よく見てください。画面の中にもう1匹、別の蛾が隠れていますよ。

わかりますか?

キノカワガ2


キノカワガ3

それはキノカワガの左翅下に小さく写るフユシャク♀。

わからなかったとしても、それは当然かもしれません。
だって撮った私でさえ、たった今気がついたのですから・・・





| 昆虫 | 20:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の後のムツトゲイセキグモ

昨日、雪が舞う中で見たときには、もう会えないかもと思いました。
だって・・・これですから。

ムツトゲイセキグモのいる木


「たしか・・・たしか、この辺りにいたんだけど・・・」
焦るうえに、常緑の枝が雪の重さですっかり形を変えていて
もうどこにいるのかわかりません。
「これは触らないほうがいいだろう・・・うん・・・」

ムツトゲイセキグモのいる木2


そして、今日。
枝の雪がなるべく落ちてからと思い、夕方まで待ってから見にいきました。
すると、軽くなった枝はいつもの姿にもどっていました。

そして、おそるおそる見なれたすき間をのぞくとーーー「あー、いたいた!」

ムツトゲイセキグモ


ムツトゲイセキグモ2

「向きが変わってる・・・」(→過去記事


ムツトゲイセキグモ3

やせて見えるお尻(腹部)。
以前見た別のムツトゲイセキグモとはずいぶん印象がちがいます。(→過去記事


「よく耐えしのんだねぇ」
土曜日にはまた雪が降る予報です。がんばれ、ムツトゲさん!

ムツトゲイセキグモ4






| クモ | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪降って・・・

ヒロバツバメアオシャク幼虫か


今日は一日、仕事を・・・と思ったのですが、どんどんつもる雪を見ていたら
じっとはしていられませんでした。
このヒロバツバメアオシャクの幼虫かな、と思っている3兄弟のところへ
着いたときにはもう4時。(→過去記事

ヒロバツバメアオシャク幼虫か2

雪のつもっていない面に3兄弟はくっついています。

このコミミズク幼虫は昨年12月25日からずっとこのままの姿。

コミミズク幼虫


1月18日から見ているヒメアカボシテントウ。(→過去記事
前回のものと見比べてみたら、少しだけ移動をしてまた寄りそったようです。
ちょっと幸せな気分になりました。

ヒメアカボシテントウ


ムラサキシジミのところへついたころには5時をまわっていました。(→過去記事
1月31日には道路を飛ぶテングチョウを見ていたので、その後
越冬場所から飛び出してしまったのではないかと気がかりでした。
「昨日の暖かさにだまされなかったんだね。えらいぞ」

ムラサキシジミ





| 昆虫 | 22:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幼グモ

ほんのりと、イチゴの味でもしそう。

オオトリノフンダマシ幼体か4


赤い色のものでも食べたのでしょうか。
1ミリほどのオオトリノフンダマシ(たぶん)。


オオトリノフンダマシ幼体か2


こちらはうっすらと緑色に見える。

オオトリノフンダマシ幼体か3
                             (1月26日撮影)

葉裏には幼体グモがあちこちにいますが、科の見分けさえ私にはよくできません。
しかし、このトリノフンダマシの仲間はなんとなくそれかな、と思えます。

これは・・・ヒメグモの仲間でしょうか。
1ミリの体に繊細な模様を見つけました。

不明グモ





| クモ | 22:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カシアシナガゾウムシ

カシアシナガゾウムシ

今シーズンは越冬中のカシアシナガゾウムシをよく見ます。
そのたびに「こんなに小さかったっけ・・・」と感じます。

これは1月30日のもの。
気になったのは、お尻の先の黄色いもの。
「これは・・・ウンチかな」

カシアシナガゾウムシ2

新鮮なフンのようにも見えますが、どうなんでしょう。

そしてこちらが、今日。
黄色いものは見あたらず、相変わらず同じところでじっとしてるーーーと思ったら。
ちょっぴり移動をしていたようです。

カシアシナガゾウムシ





| 昆虫 | 21:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

再会


やったぞ やったぞ 今年も会えた (→過去記事


カギシロスジアオシャク幼虫か
                 (カギシロスジアオシャクに似ているイモムシ)


〈追記〉
2014/5/14にて。カギバアオシャクと判明(→その記事





| 昆虫 | 16:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。