てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桜の花に見守られ



エナガの夫婦が巣作りをしていました。
今ちょうど巣から出てきたばかりのもう一羽が花の間に見えます。

エナガ♂♀&巣


「ほら、くるよ!」
巣を教えてくれた鳥師匠は、巣材をくわえて飛んでくるエナガの鳴き声を
騒音の中から聞き分け、何度も教えてくれました。
縦長の巣は老木に上手くとけ込み、その見事さに関心させられます。
カモフラージュにくっつけられたコケなどは、クモの糸が接着剤。
「クモは嫌い。鳥は好き」だなんて、
あまりにも簡単に言っちゃあイケマセンのよ。





スポンサーサイト

| 鳥その他 | 19:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

都会のドバト


この日は病院の付き添いで都内へ行きました。
最寄り駅の前にはいくつもヒマワリが植えられていて、その花の上に
何羽もドバトが乗っかっていました。

ドバト


ドバト2

葉っぱの上にはヒマワリの種のクズがちらばっていました。
バランスをうまく取りながら、器用なもんだと思いました。





| 鳥その他 | 23:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犯人は誰だ?

鳥好きKさんご夫婦と谷津を歩いていると足下できらりと輝く青が目に入った。

「あっ、羽根」

コガモ羽か


周辺にも埋もれていた羽根を集めてみました。
Kさん曰く、この風切羽根からするとそれなりの大きさの鳥であろうと。

幼少期に飼っていたカルガモを思い出した私は「カルガモとか?」。
Kさんは「・・・コガモかもしれない」。

コガモ羽か2


羽根を持ち帰ったKさんからコガモで間違いなさそうだと連絡がありました。
1時間ほど前には同じ場所でノスリを見たし、オオタカもここで確認されています。
さて、犯人は誰だったのでしょうーーー





| 鳥その他 | 17:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ムクドリ

けたたましい鳴き声。
カメラを取り出しシャッターをきったら、なんだか凄いことになっていた。

ムクドリ

屋根の上。5羽いたムクドリのうち2羽が激しく言い争っていました。
いよいよ取っ組み合いになると屋根から転がるように落下しました。

心配したのか、または加担しようとしてか1羽が近づきます。

ムクドリ2

「こりゃだめだ。あの怒りは治められん〜」と思ったかどうか。
またはこっちを警戒してかこの1羽は離れました。

「おい・・・大丈夫かい?」
動きがほとんどなくなり、どうなっちゃったのかと思いましたが。
抑えられたほうはやっと抜け出すと、いちもくさんに飛んでいきました。
ほかのみんなも後を追います。もうケンカはやめとくれ。

ムクドリ3





| 鳥その他 | 20:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤマガラと

コナラのひこばえから目をはなし歩き出したらキョトンとこっちを見てた。

ヤマガラ

2・5メートルほど先にいました。
目が合った瞬間に私の心臓はドキドキいってすごいのです。
カメラを構えると、見ていたひこばえに巣材をくわたまま身軽に飛ぶとかくれました。
「くうーっ」
それでもピントをいじっているとなんとまた戻ってきたではないですか。
ファインダーに額をくっつけたまま、そろりそろりと方向転換。
そのとき写したこの1枚。なんともかわいい子でした。





| 鳥その他 | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT