てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨年の川へ


ナナフシが見たいというから「ここにいるよ」と教えようとすると
その先からは自分の目で見つけたいという。
しばらくして「これかな?」と指差したのはクワコ幼虫でした。

クワコ幼虫2

クワコ幼虫

ナナフシではなかったけれど、虫にさほど興味がないだろうに
よく見つけたなと感心です。

昨年の同じ時期に訪れた川へ行くと、カジカガエルのお出迎え。(→過去記事

カジカガエル


アオサナエはたくさんいて、あちこちで追いかけっこをしています。
飛び立っても、そこでしゃがんで待てば、ほぼ同じ場所に戻ってきますね。

アオサナエ


あっ、あそこにいるのはアオハダトンボ♀かなーー?

アオハダトンボ♀


今年も会えたアオハダトンボ♂。
日が射さなくても、青を隠しているその翅はハグロトンボではないと教えてくれます。

アオハダトンボ♂


画面中にはカワトンボ(アサヒナか)♂とミヤマカワトンボ♂と
アオハダトンボ♀2匹の計4匹。ホンサナエもいそうな魅力的な川でした。

カワトンボ&ミヤマカワトンボ&アオハダトンボ





スポンサーサイト

| 昆虫その他 | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

梅の実を探しに・・・


とある公園で。
口吻に何かの種をぶら下げて、側溝を降りてきたツチカメムシが目には入りました。
すると、すでに地面にいたもう1匹と、種と一緒に土にもぐろうとしています。

ツチカメムシ

今、口吻を刺して見える左の個体が降りてきたもの。
ツチカメムシの仲間には、保育行動をする種が知られています。

ツチカメムシ2

「なんだなんだ?もしも雄と雌なら、ちょっと素敵な想像も膨らむのだけどな?」
いつの間にやらダンゴムシがわらわらしています。
ただの種の取り合いなのか、その後2匹は土の下に消えていきました。

ツチカメムシ3


この公園には、ヒゲナガハナバチが何匹もいました。
これはシロスジヒゲナガハナバチ♂。長い触角が特徴です。

シロスジヒゲナガハナバチ

触角が短いこちらは雌。ヒゲナガハナバチは翅脈を見ないと種名まではわかりません。

シロスジヒゲナガハナバチ♀
                          (ヒゲナガハナバチの一種)

梅の実を物色していると、おや、アリノスアブの一種がお休み前の身繕い中。

アリノスアブの一種

休んだなと思ったら、すぐ近くにもう1匹。おやすみなさい。

アリノスアブの一種2





| 昆虫その他 | 19:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狭山丘陵にて


このピンク色した糸が好きです。

ゲホウグモ卵嚢
                              (ゲホウグモ卵嚢)

この日は、鈴木海花さんに同行させていただき、狭山丘陵の里山公園へ行きました。
案内してくださったのは、いつもブログを拝見していました
「Hirokoud’s Field Notes2」のKさん
初めての場所は見るもの全てが新鮮でいいですね。

見なれない色合いのクモを発見。オガタオニグモあたりかな?

トガリオニグモ??


Kさんが見つけた、雨のしずくを頭にのせたコチャバネセセリ。

コチャバネセセリ


ちょっと面白いとまりかたをして見えたスジモンツバメアオシャク。
しかしあんな離れたところにいるのを見つけるなんてKさんすごい。

スジモンツバメアオシャク



ふむ。オニグルミでなにやら見つけたようだぞ・・・

Kさん&鈴木さん

その先を見上げてみれば、葉っぱが痛んで見えるーーー

バイバラシロシャチホコ幼虫

ーーーと思ったら。それは2匹のバイバラシロシャチホコ幼虫でした。

バイバラシロシャチホコ幼虫2


Kさんは経過観察中のイチモンジチョウも紹介してくれましたよ。

イチモンジチョウ蛹


おやおや、寄生バチの蛹とまだ幼虫の姿が。成長には差があるようでおもしろい。

寄生バチ繭&幼虫


緑にとけ込むキアシドクガの黄色の蛹よ。

キアシドクガ蛹


雨が上がったころ、クズに今年初見のオジロアシナガゾウムシがいました。
楽しい時間はあっという間に過ぎました。お二人ともどうもありがとうございました。

オジロアシナガゾウムシ





| 昆虫その他 | 20:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミズイロオナガシジミ幼虫と


帰りのバスに乗り遅れちゃならないぞと急ぎだしたら、地面にきれいな緑色を発見。

ミズイロオナガシジミ幼虫

イラガ幼虫かな、と思いしゃがんで見ると、それは
ミズイロオナガシジミの幼虫でした。昨日の雨が影響して木から落ちたのかな?

ミズイロオナガシジミ幼虫


雨の後は、コケがみずみずしいですね。
そんな中に、まだ小さなクロミツボシアツバとみられる幼虫がいました。

クロミツボシアツバ幼虫か


同じ木にはキスジシロヒメシャク幼虫も、何匹も。

キスジシロヒメシャク幼虫か


こんな湿り気のあるコケでは、ヤスデの一種もよく見ます。

ヤスデの一種






| 昆虫その他 | 22:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アシブトチズモンアオシャクと


前日に見たアカシジミ幼虫はどこへいったかと探していると、
目にとまった、ひらひら。

アシブトチズモンアオシャク

「きれいね」と、隣で見ていたMさんもいいました。
毎日畑の作業をしているMさんにとって、虫は害虫となりがちですが
最近ウスタビガを卵から飼育中。うふふ

アシブトチズモンアオシャク2


あら、アマガエルが頭上で、のんびり。

アマガエルか


アカシジミはどこだと引きつづき探していたら、いつの間にか大きなウンチ。
しかもまだ、とぎれていませんから。

アマガエルか・脱糞





| 昆虫その他 | 21:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT