FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コブハサミムシ


そのハサミの形、さてはアルマン型のコブハサミムシ♂だね。

コブハサミムシ♂

今の時期は葉と葉隙間で間で休むことが多いのでしょうか。
この日、目線ほどの高さで4匹のコブハサミムシを見つけました。

こちらのアルマン型はナミテントウ2匹と同居中。そのほかルイス型と雌もいました。

コブハサミムシ♂2


前回この土地に来たときにいたトゲグモにまた会えました。(→過去記事

トゲグモ


点点点・・・となっている、この特徴的な外枠の糸。

トゲグモ網


いつもの観察地より標高が高いので、ヤマと名のつくイメージから
ヤマキマダラヒカゲがいるかもと意識してみましたが、いたのは
おなじみのサトキマダラヒカゲばかりでした。

サトキマダラヒカゲ交尾


こちらもヤマと名のついたヤマクダマキモドキ。
いつもの観察地で見るのはサトクダマキモドキばかりだったような?(→過去記事

ヤマクダマキモドキ


あらら、ムシヒキアブに捕まっているのは
ミノオキイロヒラタヒメバチではないの。(→過去記事

ムシヒキ&ミノオキイロヒラタヒメバチ





スポンサーサイト



| 昆虫その他 | 21:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

早朝観察


朝5時15分。
第二寝床を見ると、ちょうど1匹が飛び立っていくところでした。(→過去記事
画面中には4匹。

スジボソコシブトハナバチ
                         (スジボソコシブトハナバチ)

前方でなにやらひらひら。止まったところをそっと近づいて見ると、
それは交尾中のビロードナミシャクでした。

ビロードナミシャク交尾


5時24分。スジボソコシブトハナバチの第一寝床に着けば、皆あれよあれよと
飛び立っていくところでした。こちらは一番最後までいたお寝坊さん。
この時点でアキノタムラソウではまだスジボソコシブトハナバチと
トラマルハナバチしか見ませんでした。

スジボソコシブトハナバチ2


あっ。羽化前のキタキチョウ蛹。
羽化に立ち会えるかなとチラチラ覗いていましたが、気が付いたときは、もう空っぽ。

キタキチョウ羽化前


そして蛹のあったマメ科植物には、寄生バチの空繭がいくつもありました。

寄生バチ繭か


過去に2度出会ったことのある薄暗い林道で
久しぶりにイシサワオニグモに会いました。色鮮やかなオニグモです。(→過去記事


イシサワオニグモ





| 昆虫その他 | 23:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少し高いところへ。5


トゲトゲの彼女に会えたのは5年ぶりでした。

トゲグモ

いつもとは違う観察地で。
発見時はお腹側から、ただならぬ形に思えて裏側にまわって見るとトゲグモでした。

人生2度目の出会い。すると、網に特徴があることに気がつきました。

トゲグモ網

画面左の上隅に小さく写るのがトゲグモ。
少し解りにくいですが、網の一番外側の糸が、点点点・・・となっています。

この土地にはスミナガシが何匹もいました。
地元の観察地でも発生が確認されていますが、そちらではまだ見ておらず。すると、
「おっ、いいねぇ」
アオカナブンの交尾姿を写していたら、入り込んできてくれましたよ。ところがーーー

スミナガシその他


小型のスズメバチがやってきて、スミナガシを追いやってしまいました。
その名もホンシュウキオビホオナガスズメバチ。地元飯能の観察地にはいません。

ホンシュウキオビホオナガスズメバチその他


そのほか、気になった虫はというとーーー

顔に何かくっついたままでいるコガネオオハリバエや、

コガネオオハリバエ


ヨコバイを運んでいるハクサンツヤアナバチ(たぶん)。そして、

ハクサンツヤアナバチ


花の中にいるハチたちなどでした。

ハチ





| 昆虫その他 | 23:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

電車の中で


都内からもどり、すぐに着替えをして谷津に向かいました。
なぜかというと、電車内にいたこのアケビコノハを放すため。

アケビコノハ

飛び回るので、乗客に叩かれやしないかそわそわしました。
そのおかげで鮮やかなオレンジ色の下翅を見ることはできましたよ。

草陰でひっそり羽化したセミがいました。

セミ羽化


泥バチの巣を壊すジガバチ。何度も竹筒にもぐっては土を掘り出していました。

ジガバチ


平べったいカイガラムシのようなのは、キノコムシの幼虫かしら?

キノコムシか


その後見失っていたムツトゲイセキグモ。同じ木で再会できました。(→過去記事
昨夜は投げ縄を振り回したのかな?周りに見える糸はこのイセキグモのものかしら?

ムツトゲイセキグモ


帰り道、歩道でじっとしていたクロカミキリ。
もう暗いし踏まれちゃならないぞと移動させようとして、何度も指を噛まれました。
なかなか痛かったです。

クロカミキリ





| 昆虫その他 | 22:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少し高いところへ・4。


生きているのを初めてみたニワハンミョウ。
飯能の観察地ではトウキョウヒメハンミョウしか見ておらず、それに比べると
ずいぶん大きいですね。

ニワハンミョウ


こちらも初めて見たフノジグモ。
黄色と黒の模様が一瞬、毒グモのようにも見えました。
雌は黄色と赤とがいるそうです。

フノジグモ


ジャノメチョウは、地元観察地では1年に一度会えるかどうかくらいかな。

ジャノメチョウ


ミヤマカラスアゲハ♂が1匹、花を渡り飛んでおりました。

ミヤマカラスアゲハ





| 昆虫その他 | 21:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT