てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

その後のスジボソコシブトハナバチの寝床2と


スジボソコシブトハナバチの第一寝床にて。
この日は10匹がいました。画面中には7匹。(→過去記事

スジボソコシブトハナバチ

そのすぐ近くには、この1匹。

スジボソコシブトハナバチ2


こちらはメインにしていた根っこ。今日は2匹だけでお泊まりです。
なんでかな、と思い周りを見ると、コガタコガネグモが網を張っていました。
なるほど、なるほど。

スジボソコシブトハナバチ&コガタコガネグモ


ハキリバチの一種は、こんなところでおやすみ中。(→過去記事
クモはサツマノミダマシかその近縁種のよう。

ハキリバチの一種&サツマノミダマシかその近縁

ハキリバチの一種

お目覚め時、寝ぼけて糸に引っかからないようにね。





スポンサーサイト

| 昆虫 | 22:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コミミズク幼虫と


5月14日にコミミズクの産卵を確認した木にて。(→過去記事
今日やっと幼虫を確認することができました。

コミミズク幼虫

体調は5・5ミリといったところでしょうか。

コミミズク幼虫2

産卵痕を見ようと思っても、この若木の育ちは思ったより早く、元気なもので
あっという間にその枝は、手の届かない高さまで行ってしまいました。

この幼虫はクロミツボシアツバかその近縁種。
雨続きのこのごろ、コケが生き生きして見える。

クロミツボシアツバ幼虫か


タマゴタケ。いつの間にかキノコもたくさん生えていて。

タマゴタケ


2年前、夕暮れどきにこの道標でクロコノマチョウが占有行動をするのを知りました。
そしてそれは、今も変わらずに。(→過去記事

クロコノマチョウ





| 昆虫 | 21:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホシウスバカゲロウか・産卵


都内から戻り、今日は夕方から少し虫を見に行きました。
帰るころはだいぶ暗くなってしまい、走りながら
それでもあきらめが悪い私は、ちらちらライトを辺りにあてていました。すると

「あっ、ウスバカゲロウが産卵してる!」

ホシウスバカゲロウか産卵

翅を常にぱたつかせるのは、ヤンマなどの産卵を思い浮かべました。
腹の先は小刻みに、とても忙しそうに終止動かしています。
ときどき、パッ、パッと、じゃまな土を腹の先を使ってほっぽって見えました。

ホシウスバカゲロウか産卵2

「さて、あなたは誰だろう・・・?」
この斜面はコマダラウスバカゲロウ幼虫の生息場なので、それかと思いましたが
動画を見直すと翅のマダラ模様が少し違って見えます。
ウスバカゲロウ類というとアリジゴクを連想しますが、ここでは巣を見た覚えがなく
ホシウスバカゲロウの幼虫は巣を作らず徘徊性なのだそうです。





| 昆虫 | 20:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒメサナエと


5月と6月に行った北埼玉のとある川へ、ふたたび。(→過去記事
その流れの上のほうで少しぷらぷら歩いていたら、おや誰かが止まってる。

ヒメサナエ

ヒメサナエ2

そっと近づいたせいか、もともと人なつっこいのか、逃げません。
ヒメサナエ♀と判明、4年前には飯能の川で羽化を見ていました。(→過去記事

この川は以前アオハダトンボやアオサナエを見ています。なかなか魅力的な川ですね。

橋から下を見ると、ミヤマカワトンボ♂が縄張りを張っていました。

ミヤマカワトンボ





| 昆虫 | 20:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アカハネナガウンカ交尾と


台風が過ぎ、夕方になって休耕田へ行くとアカハネナガウンカがたくさんいました。
これだけの数を一度に見るのは初めてです。

「それならば交尾姿も見られるのでは?」そう思って辺りを見まわすと、ほらいた。

アカハネナガウンカ

アカハネナガウンカ交尾

このオレンジ色のぷちぷちは目に付きやすいですね。

アカハネナガウンカ交尾2


ツノトンボ♂。ツノトンボの交尾姿を、いつか見てみたい。
それは夜に出向かなければやっぱり無理なのかな。

ツノトンボ


初めて見たワモントゲトゲゾウムシ。
「コブコブ」や「トゲトゲ」など、響きがちょっとかわいいね。

ワモントゲトゲゾウムシ


2メートルほどの高さの木にクロコガネがたくさん集まっていました。
そのうち交尾中のものは3組。何を聞きつけて集まってくるのかな。

クロコガネ交尾


カラスウリの雄花がいくつも咲いていました。
雌花より1時間ほど早く咲くのだとか。

カラスウリ雄花





| 昆虫 | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT