FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

≫ EDIT

ヒメツバメアオシャク幼虫か


ん?そこに違和感あり。

ヒメウスアオシャク幼虫

このところクリでよく会うのですが、これはヒメツバメアオシャク幼虫でしょうか。
なかなか愛嬌のあるお顔立ち。この大きさからすると、年内羽化かな?

ヒメウスアオシャク幼虫2


きれいなお野菜たち。葉っぱの虫食い跡がまたいいですね。

野菜





スポンサーサイト

| 昆虫 | 22:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケンモンミドリキリガ


時間が少しあったので、とある虫を探しに寄り道をして帰ることに。
そこは桜がたくさんあって、枝にしずくがあちこちについていました。

ムネアカアワフキ幼虫

これはムネアカアワフキの排泄物。
穴の中には幼虫がいて、よく見ていると動くのがわかります。

「あー、いたいた」
この時期になると、毎年一度はこの場所で探すケンモンミドリキリガ。
時期を逃さなければ会える嬉しい相手です。(→過去記事
まだ出始めでしょうか、この日は1匹だけ確認です。

ケンモンミドリキリガ





| 昆虫 | 21:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤママユ卵とカシアシナガゾウムシ


イカリモンガが熱心に吸蜜していました。
やがて、すぐ近くで紅葉しているヌルデに移動すると、しばしご休憩。
その後また同じ花へと飛ぶと、再び吸蜜をはじめました。

イカリモンガ

以前白い服を着ていたらイカリモンガが何度も近づいてきたのを思い出しました。
今日は白い服を着てくればよかったな。(→過去記事

先日、ひこばえにいたカシアシナガゾウムシはその後見るたび
少しだけ移動をしています。
今日はヤママユの卵に、まるで座っているような。(→過去記事

カシアシナガゾウムシ


おなじひこばえにいるアカコブコブゾウムシも少し場所を移動していました。
(→過去記事

アカコブコブゾウムシ
                               (下向きに静止)

むむむ・・・なんだかそこ、あやしいな。

蛾


そうっと葉をどかすとーーーああ、やっぱり誰かがいた。
体の向きが逆なら、枝が折れたように見えて面白かったね。
調べてみましたが種名は不明。

蛾2


じっとしているウラギンシジミがいました。
いずれこの個体も良い場所を探して越冬するのでしょう。
以前コナラで越冬していた個体がいました。(→過去記事
落葉樹で越冬しないでね。

ウラギンシジミ





| 昆虫 | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のリンゴコブガ幼虫越冬巣作り


経過観察中の越冬前のリンゴコブガ幼虫をまた見ると。(→過去記事
この日は、こしらえた越冬用の巣に体が完全にはまり込んでいませんでした。
「食事に出かけていたのかな、それとも
まだ、巣が完全には仕上がっていないのかしら」

リンゴコブガ幼虫
                                  (上向き)

先日から経過観察しているアカコブコブゾウムシと、カシアシナガゾウムシがいる
アラカシのヒコバエで、古そうなイセキグモの卵嚢を見つけました。
卵嚢は5つ作られて見えます。

イセキグモ卵嚢

今まで見たイセキグモの卵嚢では一番地面近くにありました。
投げ縄を振り回して蛾を捕まえるこのクモの姿を想像すると、
こんな低い場所でも生息していたのかとちょっと意外でした。





| 昆虫 | 21:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダイコンハムシと忌避物質


「・・・あっ、また黄色点々が見えた!」

ツノトンボ幼虫&ハムシ幼虫

大根の葉についてきたハムシの黒い幼虫。
飼育中のツノトンボに与えてみようと絵筆でいじると
黄色いものがチラチラ見えました。「これはきっと天敵がいやがる物質だな・・・」
その物質は、ぱっと見えたかと思うと、すぐ引っ込みます。

ダイコンハムシの幼虫にもこのような仕組みがあったのですね。

ツノトンボ幼虫&ハムシ幼虫2





| 昆虫 | 01:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クロナガアリの季節


リンゴコブガ幼虫の越冬用の巣がだいぶ仕上がりました。(→過去記事

リンゴコブガ越冬巣

収まりが、いい感じ。

そろそろかな・・・と思い、足を止め地面を探すと、昨シーズンと同じところで
今年もクロナガアリたちが忙しそうに草の実を巣へ運んでいました。(→過去記事
働きアリたちは秋になると巣を開けて餌を集めます。

クロナガアリ


よくヒメカギバアオシャク幼虫を観察するひこばえで。(→過去記事
その後、数が減ったと思っていたのに今日じっくり見るとなんと9匹も。
そんな中1匹だけキマエアオシャクの幼虫がいました。

キマエアオシャク幼虫

顔がずれて見えます。すると大きさからして年内羽化する個体かもしれません。
そう言えば、常緑樹ではまだ越冬幼虫を見たことがありませんでした。

おや、カシアシナガゾウムシさんも、越冬にはまだ早かろう?

カシアシナガゾウムシ


「あっ、同じカシにアカコブコブゾウムシもいた」
この観察地では初めて見たように思います。
両ゾウムシはこのよう枝につかまり越冬しますが、アカコブコブゾウムシは
カシアシナガゾウムシに比べると結構長い間、越冬体勢でいますね。

アカコブコブゾウムシ
                               (下向きに静止)




| 昆虫 | 22:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ・・・


今年もそろそろハネナガウンカ成虫の見納めが近づいてきました。

ハネナガウンカの一種
           (マエグロハネナガウンカか、ウスマエグロハネナガウンカ)

薄暗いところに生えたこの幼木では、たびたび目にしていました。
「来年も、またここで会えるといいな」

陽が落ちたころ、オオトリノフンダマシが今夜の網を張り始めていました。
「まだいたんだね」体がちょっと痩せて見えました。

オオトリノフンダマシ


コミミズク幼虫は、落葉樹より常緑樹で冬を越すもののほうが見つけにくく思います。
冬がくるのを意識するころ。

コミミズク幼虫





| 昆虫その他 | 23:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リンゴコブガ越冬用巣作り、と



おむすびを食べていたらウラギンシジミがやってきて
包んでいたアルミホイルにとまると、口吻をぺとぺとと。お塩がきいていたのかな?


ウラギンシジミ

じっくり見ると、口吻は2本がくっついているんだとわかりますね。

目の前の棒に執着しているアキアカネがいました。
ちょっと意地悪をして指を近づけ触っても、まるで「ここは僕のものだ!」と
いわんばかりなご様子。

アキアカネ♂


以前、リンゴコブガ幼虫が越冬巣を作った木の枝に。
「おや、今シーズンもいましたか」
これはまだまだ制作途中。さて、今年も上手に作れるかな?(→過去記事

リンゴコブガ幼虫
                                  (下向き)

葉の裏をちらっと見ると。こんな姿でいるウマオイ♀を先日も見ました。
「産卵管のお手入れでもしていたのかしら」

ウマオイ


この日もたくさんのお土産を。嬉しい、秋の味覚です。

柿&カボチャ





| 昆虫 | 23:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新開孝さん新刊本


ポプラ社「きのこレストラン」 新開孝 / 写真・文

きのこレストラン

名前のひびきがかわいらしい“きのこむし”。
きのこが好きだなんてところも、親しみを覚えちゃう。
地元観察地でなじみのアカハバビロオオキノコやキノコヒゲナガゾウムシ、
センチコガネなども本の中で美味しそうにきのこをムシャムシャしていて
嬉しくなりました。

「きのこも つちも きも むしも みんな つながって 生きている。」

森の分解者であるきのこを求め、あちこちから集まってきた彼らの姿が、
いとおしく思えてくる素敵な一冊です。

きのこはないかな?と地面を見ながら歩いていたら
「おや、誰だ。ゴムの部品を落として行ったのは」

オオゴムタケか

そう思いながらよくよく見ると、どうやらこれも、きのこのよう。
調べるとオオゴムタケに似て見えます。こんなきのこもあったのですね。


このたびセミをテーマに、何かお話をと、お仕事依頼があってすぐ手にした御本。

少年写真新聞社「はじめて見たよ!セミのなぞ」 新開孝 / 写真・文

「はじめて見たよ!セミのなぞ」

セミの産卵から羽化・交尾そのほか細かな生態や、住み分けの謎解きなどなど
とても興味深くてたくさん参考になるご本なのです。
あの特徴ある前脚をした幼虫が
長さ2ミリ、幅0・6ミリだった卵から出てくる姿に感動します。
身近なセミの不思議を知って、見る目が変わること間違いなしですよ。





| その他 | 20:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

埼玉県北部のツマグロキチョウ


初対面は突然に。それは銀杏拾いから引き上げ始めたときでした。
「あっ、そこにいるあなたは・・・!」


ツマグロキチョウ4

こうなったら、もう手が銀杏で臭かろうが構わない。
ウエストバックからカメラを撮り出し、逃げられちゃならないと、すぐさま撮影を。
なぜって、それは埼玉県で絶滅となっているツマグロキチョウだからでした。

「台風などで流れてきたのかな?それとも定着しているのかしら・・・」
痛みのない翅。ざっくりと県境から8キロ以内のとある場所にて。

ツマグロキチョウ2

15時半前、すでに触角がピタリ寄り添っています。
「うーん。その筋模様、渋いなぁ」
キタキチョウに比べて黄色がにぶく見え、上翅の先が角張っていました。
だけどこれは秋型、もしも角張りと筋の出かたが弱い夏型だったら私は解ったのかな。


ん?だれとだれの蛹だ?

不明蛹


銀杏拾い中、のそのそ歩いていたヤガ科と思われる蛾。
ちょっと目を離したら、もうどこに行ったかわからなくなりました。
起こしちゃったのかな、ごめんよ。

蛾




| 昆虫 | 20:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サトクダマキモドキの触角


時刻は16時半前。
ミカンの木に動かずいたところ、その触角が気になり足を止めました。

サトクダマキモドキ


サトクダマキモドキ2

触角をこうする意味は何かあるのでしょうか。それともお手入れ中だったのかーーー
チョウやハチなど休むとき、2本の触角をくっつけていたりしますが
そう言えば直翅目は寝ているとき、どのようにしているのかな?
17時過ぎに再び見ると、もういませんでした。





| 昆虫 | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒラタアブ産卵と


セイタカアワダチソウに占領された休耕田の脇を歩くと、この時期おなじみの
キゴシハナアブやハラナガツチバチなどが、たくさん花に訪れていました。

そんな中、腹先を伸ばして身繕いしているヒラタアブの一種がいました。
「さては産卵していた個体だな・・・」

ヒラタアブの一種


飛んだかと思うと、葉っぱに、ぺたっ。

ヒラタアブの一種・産卵


飛び去ったあとには、産みたての白い卵がありました。

ヒラタアブの一種・卵


クマバチは足もとばかりで吸蜜を。小さなカタバミの花はどんな味がするかしら?
セイタカアワダチソウはお好みではないのかな。

クマバチ


ヒメカギバアオシャク幼虫が4匹いたカシにて。(→過去記事
その後、1匹を残してあのころの幼虫は確認できなくなりました。
体長は約2センチ。ほかの個体は蛹になれたのでしょうか。

ヒメカギバアオシャク幼虫


こちらは、同じカシにいた新入りさん2匹。体長はまだ7ミリ程度です。

ヒメカギバアオシャク幼虫2


ヤママユの卵をぽちぽちと見かけるようになりました。

ヤママユ卵





| 昆虫 | 20:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツノトンボ幼虫排泄と


飼育ケースの引っ越しを終えると、しばらくじっとしていましたが
やがてもそもそ体を動かしたので見ると、お尻から水滴を出しました。(→過去記事

ツノトンボ幼虫排泄後
                             (画面右下・水滴跡)
「あっ、カメラ、カメラ・・・!」
残念、カメラを構えたときには、すでに頭を左右に振って歩いていました。
ツノトンボ幼虫の歩く姿は、なかなかかわいいですね。
薄茶色のしみがいくつもあったのですが排泄物の跡なんだとこれで判明できました。



昨日は飯能の少し奥へ、偵察に。
カモシカには8割の確率で会えるよ、とRさんに教えていただいたその辺りでは
携帯の電波は通じず。「一人で来るにはむつかしいな・・・」

そんな奥地でも、ひらひらと追いかけっこをしていたナガサキアゲハ。
今はどこまで北上してるのかな?

ナガサキアゲハ♂♀


数匹がツツジの花に来ていました。秋に咲くツツジもあるのですね。

ナガサキアゲハ♀


あちこちの斜面で見かけた花は、セキヤノアキチョウジかしら。

セキヤノアキチョウジか





| 昆虫 | 01:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだいました。


「あれっ、まだいたんだね」
夏にたくさんいたアカハネナガウンカも、すっかり見なくなりました。


アカハネナガウンカ

帰り際にもう一度見ると、少しだけ移動をしていて口吻を立てていました。
「産卵はどこでするのかな?」
観察中、ここが自分の庭だったらなと、よく思うのです。

いても素通りすることがあるシロコブゾウムシですが
この時期に出会うのはめずらしくて足を止めました。

シロコブゾウムシ

越冬態はなんだろう?





| 昆虫 | 23:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クワゴモドキシャチホコと


うーむ、なんとまた上手にとけ込むのだろう・・・

クワゴモドキシャチホコ幼虫


ヤナギにいたクワゴモドキシャチホコ幼虫。
体の作りは、見た目は芸が細かいというほどではないけれど、だからこそ
この擬態は優れているとも言えるかな。

クワゴモドキシャチホコ幼虫2


ツツツー、ツツツーと
か弱く飛ぶホソミイトトンボがいました。この観察地では3度連続して見ています。

ホソミイトトンボ♀

目の彩色が魅力的。

ホソミイトトンボ♀2


一緒に歩いていたMさんが、知らぬ間にアケビをとってくれていました。
人生で二度目に食べたアケビの味は、とても甘かった!

アケビ


17時13分。オオカマキリの目がもう黒くなって見えました。

オオカマキリ





| 昆虫 | 23:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MさんとオニヤンマとSさんと


Mさんの道案内中、ツツツーと飛ぶのが見えたホソミオツネントンボ♀。
越冬トンボを見ると、冬に向かっているのを意識させられます。

ホソミオツネントンボ♀


「タヌキがいるよ」と教えてもらった先で、2頭がこっちを見てた。
昼間にタヌキと遭遇したのは私は初めてでしたが、
この土地に住むMさんにはなんら特別なことではないようでした。

タヌキ2頭


その後、Sさんと2人で草狩り後の道を行くと。
台風の影響で、道が川のようになっていました。靴をぬらしながら歩いていくと、
「あっ、オニヤンマが産卵しちゃってる・・・」

オニヤンマ産卵


本来産卵するはずの、流れがちょろちょろ程度の川は、今は水位があり過ぎたのかな?
そう思って見ていたら「あっ、雄がきちゃった・・・」

オニヤンマ産卵2


すると、あっという間に雌は連れ去られてしまいましたとさ。

オニヤンマ♂♀


雑木林では、やはり台風によって木があちこちで倒れていました。
そしてオオムラサキを何度も観察させてもらったクヌギも。
ありがとう。そしてご苦労さま。

倒木





| 昆虫 | 21:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤガタアリグモ


銀杏を拾っていたら側溝でうろうろしている虫を発見。

「ん?なんで、こんなところにムネアカオオアリがいるんだろう・・・」

ヤガタアリグモ

でも、どこかが違う。まず、それに比べると体が貧弱な印象。
「では、アリバチの一種かな?」
しゃがんで見ていたとき、一番目についたのは頭部と胸部のくびれでした。

ヤガタアリグモ2


動きが少し止まったので横から見てみると「何か食べている・・・」。
と、ここでやっとアリグモの一種だとわかりました。

ヤガタアリグモ3


「そうか、右第二脚がないんだ・・・」
脚が三対に見えたからより昆虫と思えたのかも知れませんが、それよりも
アリに似せるかのように頭胸部に、白い毛で頭部と胸部の境が表現されているのが
にくいなと思いました。

ヤガタアリグモ4

触肢の感じだと男の子だったのかな?





| クモ | 20:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のツノトンボ幼虫


脱皮後の初食事の姿です。(→過去記事

ツノトンボ幼虫

穀物の中で発生するノシメマダラメイガ幼虫を食しています。
脱皮後、なかなか食事をしてくれないでいました。

脱皮前になると、どの個体もアゴを閉じ気味になり、一週間前後は
動かなくなりますね。


ツノトンボ幼虫脱皮後

上の個体は、腹先にまだ少し脱皮殻が残っています。
この後、腹先をもそもそさせると、少しだけ前進して脱ぎました。
下の個体の脱皮殻が右下に写っています。





| 昆虫 | 22:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨だなんて言ってられない


仕事の中休みが出来たので、傘をさして1時間弱の虫見に行きました。

しっぽがないカナヘビ。近づいたら、つぶっていた目をあけた。
しっぱが再生するまで、どれぐらいの日数がかかるのかな?

カナヘビ


コナラではコナラシギゾウムシがどんぐりに口吻をさしていました。

コナラシギゾウムシ


ぬれた葉上で、何かのゴミのように見えたのはウコンカギバの幼虫。
体調は2センチ弱、にょろにょろした飾りはまだ短くて、そばには
脱皮殻がありました。

ウコンカギバ幼虫


「わっ、大きい!」
斜面から戻ろうと後ろを振り返ると、すぐそこにいたのはヤママユ♂でした。
まだいてくれたんだねぇ。

ヤママユ♂





| 昆虫 | 23:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いろいろな虫


畑のMさんのお宅の前では、毎年ショウリョウバッタモドキが見られます。

ショウリョウバッタモドキ交尾
                                  (交尾中)
シャイなのか、すぐ葉の向こうにすすっと身を隠そうとします。
その体はススキに見事にとけ込んで。
気がつかないだけで案外あちこちにいるのかもしれませんね。

川沿いを歩くと、ホソミイトトンボ♀がいました。「この川で発生しのかな?」

ホソミイトトンボ♀


小さな橋ではいつからか
アサマイチモンジが縄張りを張るようになりました。(→過去記事
近縁のイチモンジチョウもここで縄張りするのかな?

アサマイチモンジ


通り際にあっていつも樹皮を確認するネムノキではときどきキノカワガを目にします。

キノカワガ


そして、こちらはネムノキの住人(住虫)、カキバトモエ幼虫。
どちらも見事に樹皮に溶けこみます。これもいつもの風景。

カキバトモエ幼虫


8月20日にキシタアツバを見た全く同じところで。(→過去記事
この日は幼虫を5匹確認。少し小さな個体は、黄色地に黒の模様でした。

キシタアツバ幼虫


クモ食いのクモ、オナガグモ。ただ今ハナグモを補食中。

オナガグモ&ハナグモ


カラスゴミグモが食べているのはヨコバイかな?

カラスゴミグモ





| 昆虫 | 20:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT