FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

≫ EDIT

フユシャクとクモ


「ああ、そうだったか・・・」
締め切りが近づく中、気がつけば家にはヒダリマキマイマイの殻しかあらずーーー

制作途中

製作中のものは、以前出版したダンゴムシたちが主人公の絵本の続編です。
めどがついてきたので来週から少し落ち着いて観察に出られそう。ふう


3日前。フユシャクを見ようと夜の観察に出たのですが1匹も見つかりません。
どうしたのかと思いながら、目につくのはクモ数匹。

アシヨレグモか

交接中かなと期待しましたが、クモがクモを捕えている場面のよう。
こんな冷える夜に活動するクモもいたのですね。

その同種と思われたのがアシヨレグモ。
このクモは、雄の第一脚にコブのようなものがあり、それが名の由来だそう。
下の個体がその雄のようでコブが見えます。上の個体はコブはないのでその雌かしら。
冬に活動するフユシャクは敵が少なく思えますが安全とはいかないようです。

アシヨレグモ♂♀


おや、いつの間にかもうタマバチの姿が。灯りをあてるとお尻を向けちゃう。

タマバチの一種


フユシャクが見当たらず、ひょっとしたらと
近くの教会の灯り周辺を見ると、5種のフユシャクがいました。
その中には、まだ新鮮そうに見えたミドリアキナミシャクの姿も。

ミドリアキナミシャク


こちらはその昼間、北埼玉のとあるトイレで見たフユシャク。
同日夜の飯能では見なかった種ですが、ウスバフユシャクかな。

ウスバフユシャクか


男子トイレもちらっとのぞくと、入り口にいた。
やっぱりウスバフユシャクかな、でも見ているとだんだんわからなくなってくる。

ウスバフユシャクか2


トイレの入り口天井にはオニグモの姿が。春を待っているのでしょうか。
そのほかアシナガグモも3匹くっついていました。

オニグモ





スポンサーサイト

| 昆虫その他 | 15:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カメムシ産卵中


ヘラクヌギカメムシでしょうか、コナラに産卵していました。

ヘラクヌギカメムシか産卵

体をかすかに動かしています。
こんなとき、産卵と思いきや実はクモに捕まっていたなんてこともあるので
確認してみるとーーー

やっぱり産卵中でした。産みたての卵はちょっと赤っぽく見えます。

ヘラクヌギカメムシか産卵2


昨夜このコナラの幹にイチモジフユナミシャク♀(たぶん)がいました。
今日もいるかと期待しましたが見つからず。あのあと産卵したのかな。
きっとたくさんの命がこの老木を頼りにしているのだろう。

イチモジフユナミシャク♀
                          (2019年1月3日撮影)

寒い夜に道路脇の杭に現れたコブハサミムシ♀。
灯りにでも誘われたのでしょうか。

コブハサミムシ
                          (2019年1月3日撮影)




| 昆虫 | 21:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イチモジフユナミシャク交尾


夜行性フユシャクの交尾姿を見てみたくて。
夜の観察、それは近隣住民に不審がられず、なお身の安全も考えたい。
一番怖いのがやっぱり人間、次は野生動物かな。このさいオバケは三番目。


イチモジフユナミシャク交尾


あそこだったら大丈夫かなと思える場所へ。そこは目の前に道路、近くには教会。
そうして初めて交尾を見たのはイチモジフユナミシャクでした。
教会の飾りつけを背景に、記念撮影です。

イチモジフユナミシャク交尾3

すると灯りをあてたせいなのか、少しだけ移動をしました。
雄と雌の姿がこんなに違う。
フユシャクの雌はどれも翅が無かったり、またはこんなふうに
ほんの少しあるだけで飛べません。


ウスアオエダシャク

足もとを照らしたら白く浮かびあがった。
それはウスオビシロエダシャクかウスアオエダシャクのようだけど
この時期に発生するのかしら。





| 昆虫 | 14:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ムササビ観察で


久しぶりにムササビ観察。
時刻は16時半。「この辺りにも天然巣があったな・・・」と思い見上げても
街頭がまぶしくてよく見えない。
あれれ?でもちょっと待てよ。
オオスズメバチでしょうか、街頭にしがみついていました。

スズメバチ


この日はいっぺんに4、5頭のムササビを見ましたが
雌はまだ発情していなかったのか、森は静かなものでした。
通常雌は1年に一日だけこの時期に発情します。

翌日また街頭を見ると、スズメバチの姿はありませんでした。





| 昆虫 | 20:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

枝で越冬中


締め切りがじわりじわり迫り、カレンダーをながめつつ
まあなんとかなるよねと現実逃避。
だって今シーズンもあの子を探さないといられません。

雑木林に行くと、コナラの幼木はまだ葉を落としていないものが多く、
そうなると枝につく越冬幼虫はちょっと見つけにくいですね。


キバラヒメアオシャク幼虫か

「これはだれだろう?」
キバラヒメアオシャクの幼虫に似て見えますが、よくわかりません。

あら、ここにももう1匹。
冬芽を足場にして、下向きにぺたりくっつくのがこの種の越冬スタイルなのかな?

キバラヒメアオシャク幼虫か2


冬の枝で私が一番よく目にするのはこの幼虫。
今日も何匹も見かけたけれど、何者なのか未だ知らず。

不明幼虫


そこ食べたの、やっぱり君なのかい?

ヒメカギバアオシャク幼虫
                         (ヒメカギバアオシャク幼虫)

照葉樹で越冬するウラギンシジミは、陽のあたり具合で
驚くほど上手くまわりにとけ込みますね。だけどその葉、ちょっと小さくないかしら。
今日は2匹を確認です。

ウラギンシジミ





| 昆虫 | 20:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノスリと


「トビかな?」
遠く、地面から飛び立つ鳥に小ささを感じ、鳥好きKさんに画像をみてもらうと
「ノスリだよ」の返答。
この後ノスリはカラスに追いやられ場所を変えました。

ノスリ


普段は行かない道で。カシにウスキヒメアオシャクと思われる蛹を見つけました。
この時期になるとときどき目にします。青りんごの味でもしそうな色。
カシではそのほかおなじみのヒメカギバアオシャク幼虫やカシアシナガゾウムシ、
コミミズク幼虫を見つけました。

ウスキヒメアオシャク蛹か


クヌギカメムシかその近縁の卵塊がたくさん集まる木を見にいくと(→過去記事
周辺にまだ数匹だけ成虫がいました。
こちらは黒い気門があるのでクヌギカメムシ。

クヌギカメムシか


まだお腹の大きなこの雌は、黒い気門が見えないのでヘラクヌギカメムシでしょうか。

ヘラクヌギカメムシか


例年に比べるとちょっと数が少なく感じたクヌギカメムシの一種の卵塊。
白く小さなプチプチは、呼吸管。

クヌギカメムシ卵塊





| 昆虫その他 | 19:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

落ち葉めくりと


この季節になれば必ずやるオオムラサキ幼虫探し。
落ち葉を一枚、一枚めくっていくと、思ったより早く姿をあらわしました。

右がオオムラサキ、左がゴマダラチョウの幼虫です。

オオムラサキ幼虫&ゴマダラチョウ幼虫

ゴマダラチョウの幼虫は出会うことが少ないので、ちょっと嬉しいな。

このエノキでは毎年、落ち葉の下で幼虫を見ますが
オオムラサキは人気があるためか、その後こつぜんと姿を消すこともしばしば。
そんな話を以前この土地に住むMさんに話すと心を痛めたようで、
今日はタッパーをぶら下げ森をぬけてきましたよ。

まだ緑色の幼虫と、ワカバグモと。

オオムラサキ幼虫&ワカバグモ


hirokouさんより「緑色は突起の3番目が大きい事、
尾端突起が閉じている事からアカボシゴマダラですね。」と教えていただきました。
hirokouさんどうもありがとうございます。


このキベリトゲハムシは、春までここにいるのかしら?

キベリトゲハムシ


コナラにあった小さな卵のつぶつぶ。誰が産んだものだろう?

不明卵塊




| 昆虫その他 | 23:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

越冬アシベニカギバ幼虫か


「これは虫メガネが必要だ・・・」

アシベニカギバ幼虫2
                               (下向きに静止)
腹先からするりと伸びた突起まで7ミリほどでしょうか。
アシベニカギバとクロスジカギバの幼虫は似ているようなので断定はできず。
静かな谷津で、ふと探してみようと思い、食草らしきものを探ってみて。
気になったものはゴミかなと思ったけれど、一応写して拡大して見たら幼虫でした。
この小ささ、偶然では目に止まらなかったと思います。

その冬芽が開くときまで、もう動かないつもりかな?(→過去記事

アシベニカギバ幼虫





| 昆虫 | 22:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カギバアオシャク幼虫


越冬前。食事姿のカギバアオシャク幼虫。
真冬には前屈するような姿勢で新芽のようになって過ごします。(→過去記事
色合いといい、質感といい、若芽にとても似てますね。

カギバアオシャク幼虫





| 昆虫 | 21:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜の小さな蛾


光をあてるときらきら、浮かび上がってみえました。

不明幼虫2

細かな水滴で、いっぱい。

夜の公園で。地面についた手がひんやりと冷たい。

不明幼虫3
                                  (不明蛾)




| 昆虫 | 23:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜の公園で


灯りをあてると、浮かび上がって見えたのはウスキトガリキリガ。(またはその近縁)
サクラの枝に夢中で産卵する彼女は、ライトの光で逃げることはありませんでした。

ウスキトガリキリガか産卵





| 昆虫 | 20:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

卵たち


ちらほらと、ヤママユ科の卵を見かけるようになりました。

ヤママユ科卵


こっちは全体的に白っぽい。古い卵かしら。

ヤママユ科卵2


めくれた樹皮の裏にかわいらしく2つ。サクラの木ですがヒメヤママユかしら?

ヤママユ科卵3


コナラの枝にあったのは黒っぽい。ウスタビガあたりかな?

ヤママユ科卵4


クヌギカメムシの一種の卵の季節もやってきました。

クヌギカメムシの一種・卵塊


卵に茶色い毛をまぶしたのは誰だったのかーーー。
傍らに黄葉したアブ幼虫がいました。

蛾の卵&アブ幼虫





| 昆虫 | 20:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの森で


枝にしがみつくネコ耳さん。

ヒロバツバメアオシャク幼虫

葉を落としたサクラの枝で。
まだ1センチほどのヒロバツバメエダシャク幼虫がいました。
うっすら緑色が見えますが全体が赤っぽい個体もいました。
この個体もやがてそうなるのかな?

ヒロバツバメアオシャク幼虫2


アオシャクの仲間かな、と思ったのですが、よくわからない。
ねえ、あなたはだあれ?

不明幼虫

1・5センチほどしょうか、このネコ耳さんもサクラにいました。
体色からするとこのまま春を待つようにも思えるけれど、さてどうだろう?

不明幼虫2


そんなところにいたって、わかっちゃったもんね。

ブチミャクヨコバイ

ブチミャクヨコバイは、卵越冬でしょうか。

ブチミャクヨコバイ2


クロスジフユエダシャク♂がちらほら。

クロスジフユエダシャク





| 昆虫 | 22:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

常緑にて


葉っぱの隙間をていねいに見ると虫がよく隠れています。
はさまった枯れ葉で宿をとっているのはノコメトガリキリガかな。

ノコメトガリキリガか


枝に枯れ葉がからんでいるように見えたのはニトベエダシャク。

ニトベエダシャク


秋になると数多く見るようになるキゴシハナアブ。
寒いのか、この日は葉影でひっそりと。やがて落ち葉などの下で越冬するそう。

キゴシハナアブ


この時期、常緑の葉で一番多く見るのはツヤアオカメムシでしょうか。
クモの空き巣に上手く入り込んだこの個体は、このまま越冬に入るかな?

ツヤアオカメムシ


ヒサカキをのぞき込むと、スッと体を葉影に滑り込ませた。
これはエサキモンキか、またはモンキツノカメムシだったのかーーー

エサキモンキORモンキツノカメムシ


オジロアシナガゾウムシが珍しくカシの枝にしがみついていました。
クズが茂る場所ではよく見る彼らですが真冬はまだ見たことがありません。
このまま越冬に入ってくれたら嬉しいな。

オジロアシナガゾウムシ


毎シーズンミノオキイロヒラタヒメバチの越冬を観察する空間で
いつもの植物にもう越冬体勢の個体がいましたよ。(→過去記事
冬を迎えるころになり、虫探しもまた楽しくなってきます。

ミノオキイロヒラタヒメバチ





| 昆虫 | 20:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アラカシにテープ


数年前に名前がつけられたというクモマハエトリ。
第一脚が黒っぽいから、これは雄かな?

クモマハエトリ

そろそろ越冬準備のころでしょうか。
名前がつく前は、手すりなどによく出没すると情報をいただいたことがありました。
今はそのほか森の中だったり畑の脇だったりとちょくちょく見ます。(→過去記事

この日は、アラカシのひこばえにテープを張らせていただきました。

アラカシ印付け

昨シーズンは、この枝に越冬ヒメカギバアオシャク幼虫がいたのですが、ある日
切られてしまいました。土地の持ち主さんに、先日お話させていただくと、
「それならテープを張っておけば切らないよ」と言っていただいたのでした。うふふ。

さてさて、あなたたち。来春まで寒さに耐え忍ぶんだよ。

ヒメカギバアオシャク幼虫
                         (ヒメカギバアオシャク幼虫)

今日は柚子狩りと福みかん狩りをさせていただきましたよ。

福みかん
                           (福みかんとカマキリ卵)




| クモその他 | 21:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒメツバメアオシャク幼虫か


ん?そこに違和感あり。

ヒメウスアオシャク幼虫

このところクリでよく会うのですが、これはヒメツバメアオシャク幼虫でしょうか。
なかなか愛嬌のあるお顔立ち。この大きさからすると、年内羽化かな?

ヒメウスアオシャク幼虫2


きれいなお野菜たち。葉っぱの虫食い跡がまたいいですね。

野菜





| 昆虫 | 22:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ケンモンミドリキリガ


時間が少しあったので、とある虫を探しに寄り道をして帰ることに。
そこは桜がたくさんあって、枝にしずくがあちこちについていました。

ムネアカアワフキ幼虫

これはムネアカアワフキの排泄物。
穴の中には幼虫がいて、よく見ていると動くのがわかります。

「あー、いたいた」
この時期になると、毎年一度はこの場所で探すケンモンミドリキリガ。
時期を逃さなければ会える嬉しい相手です。(→過去記事
まだ出始めでしょうか、この日は1匹だけ確認です。

ケンモンミドリキリガ





| 昆虫 | 21:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヤママユ卵とカシアシナガゾウムシ


イカリモンガが熱心に吸蜜していました。
やがて、すぐ近くで紅葉しているヌルデに移動すると、しばしご休憩。
その後また同じ花へと飛ぶと、再び吸蜜をはじめました。

イカリモンガ

以前白い服を着ていたらイカリモンガが何度も近づいてきたのを思い出しました。
今日は白い服を着てくればよかったな。(→過去記事

先日、ひこばえにいたカシアシナガゾウムシはその後見るたび
少しだけ移動をしています。
今日はヤママユの卵に、まるで座っているような。(→過去記事

カシアシナガゾウムシ


おなじひこばえにいるアカコブコブゾウムシも少し場所を移動していました。
(→過去記事

アカコブコブゾウムシ
                               (下向きに静止)

むむむ・・・なんだかそこ、あやしいな。

蛾


そうっと葉をどかすとーーーああ、やっぱり誰かがいた。
体の向きが逆なら、枝が折れたように見えて面白かったね。
調べてみましたが種名は不明。

蛾2


じっとしているウラギンシジミがいました。
いずれこの個体も良い場所を探して越冬するのでしょう。
以前コナラで越冬していた個体がいました。(→過去記事
落葉樹で越冬しないでね。

ウラギンシジミ





| 昆虫 | 20:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後のリンゴコブガ幼虫越冬巣作り


経過観察中の越冬前のリンゴコブガ幼虫をまた見ると。(→過去記事
この日は、こしらえた越冬用の巣に体が完全にはまり込んでいませんでした。
「食事に出かけていたのかな、それとも
まだ、巣が完全には仕上がっていないのかしら」

リンゴコブガ幼虫
                                  (上向き)

先日から経過観察しているアカコブコブゾウムシと、カシアシナガゾウムシがいる
アラカシのヒコバエで、古そうなイセキグモの卵嚢を見つけました。
卵嚢は5つ作られて見えます。

イセキグモ卵嚢

今まで見たイセキグモの卵嚢では一番地面近くにありました。
投げ縄を振り回して蛾を捕まえるこのクモの姿を想像すると、
こんな低い場所でも生息していたのかとちょっと意外でした。





| 昆虫 | 21:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダイコンハムシと忌避物質


「・・・あっ、また黄色点々が見えた!」

ツノトンボ幼虫&ハムシ幼虫

大根の葉についてきたハムシの黒い幼虫。
飼育中のツノトンボに与えてみようと絵筆でいじると
黄色いものがチラチラ見えました。「これはきっと天敵がいやがる物質だな・・・」
その物質は、ぱっと見えたかと思うと、すぐ引っ込みます。

ダイコンハムシの幼虫にもこのような仕組みがあったのですね。

ツノトンボ幼虫&ハムシ幼虫2





| 昆虫 | 01:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT