FC2ブログ

てくてく日記

絵本作家・伊藤知紗の自然観察日記(その他もろもろ)。

≫ EDIT

ゾウムシ三種


まずは4月3日のこと。
小さな小さな社に手を合わそうと、しゃがみかけたら
足元にみずみずしい緑色がころがっていました。「はて、だれだろう?」

オオミスジ丸ゾウムシ幼虫

そこにいたんじゃ、いずれ誰かに食べられちゃうよと思い、これも何かの縁だねと
飼育中のウスタビガ幼虫の食草といっしょに我が家に連れてきました。
その後見失っていたのですが、気がついたら飼育ケースの隅で、こんな感じに。

オオミスジ丸ゾウムシ繭
                              (4月11日撮影)

そして、この日。
おや、ケースの縁に、だれかいるぞ〜?

オオミスジ丸ゾウムシ羽化後

羽化したのは、小さな小さな社の住人(住虫?)オオミスジマルゾウムシでした。
そこで、このゾウムシと初めて出会った社の横の幼木へ。
ところで成虫越冬だと思っていたのだけど、それであっているかな?(→過去記事

オオミスジ丸ゾウムシ


経過観察中のヒロバツバメアオシャク幼虫を探していると
「あっ、そのおかしな姿はタカハシトゲゾウムシだ!」

タカハシトゲゾウムシ

残念、カメラを下げたとたんにポロッと逃げられてしまい証拠写真だけとなりました。
でも、この森でまた会えるかもしれません。

寝坊助アカコブコブゾウムシは、また起きない。(→過去記事

アカコブコブゾウムシ

こちらはその16日前のもの。ねえ、ツツジの葉もだいぶ大きくなったんだよ。

アカコブコブゾウムシ2
                               (4月5日撮影)




スポンサーサイト

| 昆虫 | 21:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スギタニルリシジミがいっぱい


飯能から北へ
そこは以前に何度か立ち寄ったことのある場所。
この時期いつもの観察地では会えない虫がいるのではないかーーーと思い
水辺におりてみました。すると、

「あっ・・・スギタニルリシジミだ!」

スギタニルリシジミ

ルリシジミしか見たことのない私は、スギタニルリシジミに会っても
わからないのではないかと思っていましたが、違いをすぐ感じました。
ルリシジミの裏翅の白さに比べると灰色っぽく、そのせいもあってか小さく感じます。

吸水しては腹先から水滴をぽたりと落とします。この個体は黒紋が欠けていますね。

スギタニルリシジミ2


逆光だったので反対側からも見てみました。すると翅の印象はこんな感じに。

スギタニルリシジミ3


そこから数センチ離れたところで、瀕死の個体がーーー

スギタニルリシジミ4


持ち直してくれるだろうか?

スギタニルリシジミ5


15メートルほど離れたところでは大集団ができていました。
画面中だけで27匹います。

スギタニルリシジミ6


こちらは上の画面に入りきれなかったもの。

スギタニルリシジミ7

食草は、トチノキ、ミズキ、キハダの花やつぼみだそう。
今度は産卵が見られたらいいな、来週も訪れたら彼らはまだいてくれるだろうか?




| 昆虫 | 22:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後の不明幼虫・2


昨年12月25日に見つけた幼虫について。(→過去記事

まずは4月12日のこと。
前日に続けてこの日もその幼虫の様子を見てみました。(→過去記事

不明幼虫

「ふむふむ。今日も良い感じでとけこんでいるなあ」

不明幼虫2


その3日後の4月15日。
いつも伏せ気味だったお顔をはじめて見せてくれましたよ。

不明幼虫3


4月17日。
ほとんど移動をしないのですぐ見つかるようになりました。
でも、あれれ。なんだかいやな予感が・・・

不明幼虫4

「これは寄生バエの卵ではーーー」
幼虫の体長は約1センチ。まだか細い体はもう誰かに狙われて
はがそうとしてもペタリくっついた卵ははがれません。
ああ、幼虫の運命や。いかにーーー

不明幼虫5





| 昆虫 | 20:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アカスジアオリンガと


ふわふわで、かわいらしい色をしてる。

アカスジアオリンガ


アカスジアオリンガ2

アカスジアオリンガ♂に出会いました。ピンク色がなかなかきれいです。
これは春型の雄で、雌はこんなにピンク色は出ません。
さらに夏型になると、雌雄共に春型の雌に似るのだそうです。
たとえば今どきのコナラの若葉にいたなら、ピンク色が効いて
それなりに溶け込むように思えました。

ここのところ、羽化してまもないコミミズク成虫をよく見ます。

コミミズク羽化


ふむ、カシワクチブトゾウムシ(たぶん)がまた土をつけてる。(→過去記事

カシワクチブトゾウムシ2


飼育しているウスタビガの幼虫用に、コナラをいただいてきたら
小さなミズイロオナガシジミの幼虫がついていました。
ああ残念、自然下で出会いたかったな。

ミズイロオナガシジミ幼虫





| 昆虫 | 21:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウコンカギバ幼虫たち


前日見つけたウコンカギバ幼虫スポットへ今日も行くとーーー
「あっ、脱皮したばかりだね」

ウコンカギバ幼虫

脱皮殻が残っています。
この個体、前日は1センチ弱といったところでした。

ウコンカギバ幼虫2


こちらはもっと小さな個体。ぷちぷちした背面の飾りがかわいらしい。
越冬後、まだ若齢時はこんなふうに葉の表面を削り取るようにして食べます。

ウコンカギバ幼虫3


こちらは少し大きな個体。ウコンカギバ幼虫独特の背面のにょろにょろも伸びてきて
お決まりポーズもだいぶさまになってきたかな。

ウコンカギバ幼虫4


とある空間にて。この日、十数匹に会いました。
成長とともに活動範囲が広がり、出会えるのがだんだん難しくなりそうです。

ウコンカギバ幼虫5
                               (画面中に5匹)




| 昆虫 | 20:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪の次の日


コナラの幼木にカシアシナガゾウムシがいました。

カシアシナガゾウムシ


ゾウの鼻部分(口吻)が隠れて見えないな、と思って向こうがわに周ってみましたが
やはり見えません。「ああそうか。食事姿のままだったんだね」

カシアシナガゾウムシ2


同じような姿勢でいますが、こちらはゾウムシではなくトビサルハムシ。

トビサルハムシ


カシワクチブトゾウムシでしょうか、右第一脚に土の塊がついています。
こんなふうに体に土をつけた個体をわりと見るのですが
幼虫が土の下で育つことと、何か関係があるのかな。

カシワクチブトゾウムシ


毎度おなじみ、お休み姿のキマダラハナバチの一種。画面中には2匹います。

キマダラハナバチの一種


こちらはたそがれビロウドツリアブ。
昨日の雪の中、1匹も見つけられませんでしたが今日は何匹もたそがれていましたよ。

ビロウドツリアブ





| 昆虫 | 21:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

その後の不明幼虫


昨年12月25日にひこばえで見つけた不明幼虫。
それはキバラヒメアオシャクに感じが似て見えました。
今日、その後どうなったかと周辺の枝を探しましたがなかなか見つかりません。

「まてよ。そもそもいたのはこの枝先だったな・・・あー、いた!」(→過去記事

不明幼虫

不明幼虫2

大きさは1センチ弱。
予想では、少し成長して移動しているだろうと思ったのですが同じ枝先にいました。
しかし、なんともまあ、芽吹きにうまく溶け込んでいるじゃありませんか。

同じひこばえに、そのキバラヒメアオシャク幼虫もいました。
こうやって見比べると、こちらのほうが大きく質感が違って見えます。
そもそも止まりかたが違いますね。

キバラヒメアオシャク幼虫


こちらは毎シーズンよく見る不明幼虫。いい感じです。

不明幼虫3

不明幼虫4





| 昆虫 | 19:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの姿で


「春の雪とビロードツリアブとを見たい!」と
喜び勇んで森へ出かけたのですが1匹も見つけられませんでした。(→過去記事
お休み姿を何度も見せてくれているのに、観察地の選択を間違えたのでしょうか。

その後のヒロバツバメアオシャク幼虫を見てみました。すると
「あら、今日はずいぶん体が反ってるぞ」(→過去記事

ヒロバツバメアオシャク幼虫

振動でこんなふうに体を反らすことがあります。
頭上の枝から落ちてくる雪の塊のせいかしら。

ふむふむ。こっちでも反らしてる。

ヒロバツバメアオシャク幼虫2


クスアオシャク幼虫も見てみました。すると
「あれれ、体がだらんとしてる・・・」(→過去記事

クスアオシャク幼虫


「おや、こっちもだ」

クスアオシャク幼虫2


顔(頭)にしずくがたまってる。

クスアオシャク幼虫3


黄緑色のこの個体も、今日はこんなふう。

クスアオシャク幼虫4

クスアオシャク幼虫5

ちょっと、ねえ。大丈夫なの?





| 昆虫 | 22:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4月の雪


先日見つけたヒメヤママユ幼虫の背中に、冷たそうにしずくが一滴。(→過去記事

ヒメヤママユ幼虫


口の中のチョコレートがすぐにはとけません。
「うん。やっぱり履いてきてよかったーーー」
履く機会が訪れなかったスノーブーツをこの際におろしました。
水がしみてこなくて防寒用にいいですね。

S森


しかしこの寒さ、春生まれのナナフシ幼虫もびっくりしているんじゃないかな。

ナナフシ幼虫


羽化してそれほどたっていないと思われるガガンボもじっとしてる。

ガガンボの一種


最近活動を再開したであろうワカバグモ。しずくをぶらさげたまま動かない。

ワカバグモ


ヒラタアブも「まるで冬がもどってきたみたいだー」なんて思ったりするかしら。

ヒラタアブの一種


このツヤアオカメムシもすでに活動を再開していたのか、どうなのか。

ツヤアオカメムシ


春が来たのにまだ越冬姿の、雪を背負ったアカコブコブゾウムシ。

アカコブコブゾウムシ





| 昆虫 | 21:37 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サクラにて


折れた桜が満開をむかえていました。

サクラ


ヤマザクラでしょうか。クマバチが嬉しそうに飛んで見えます。

クマバチ


ミツバチたちは忙しそう。

セイヨウミツバチ


キタキチョウはあまり近づかせてくれない。

キタキチョウ


これは誰だ、ルリハナカミキリかしら・・・

ルリハナカミキリか


いつもよりスジグロシロチョウが美しく感じました。

スジグロシロチョウ





| 昆虫 | 22:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒメヤママユ幼虫と


ヒメヤママユの幼虫を、ちらほら見るようになりました。

ヒメヤママユ幼虫


以前、ヒメヤママユかもと思ったあの卵はどうなったかなーーーと見てみると。
「ふむふむ。変化なし」(→過去記事

卵


幹の裏側を見てみると。あら、もうひとつ。

卵2


ツツジに群れる小さなハチを目で追いながら、ふと足元を見ると
枯れ葉の下にもぐっていくハチを発見。「ヒメハナバチかな?」

ヒメハナバチの一種か


その枯れ葉をそっとどかすと、巣がありました。
なんでもない地面にあって、これじゃ踏みつけてしまいます。

ハナバチの巣


こちらは地面からふわっふわっと飛び立った枯れ葉。

クロコノマチョウ
                             (クロコノマチョウ)




| 昆虫 | 21:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クスノキで


クスアオシャク幼虫を探しているときに(→過去記事)、
休むアシナガバチを見つけました。

セグロアシナガバチORキアシナガバチ


セグロアシナガバチかキアシナガバチのようです。
通常この時期いるのは女王蜂ですから、これから巣作りで忙しくなりそうですね。

セグロアシナガバチORキアシナガバチ2


アメバチの一種もじっとしていました。
この日は寒くて、飛ぶ虫はほとんど見ませんでした。

アメバチの一種


ぶらぶら風に揺れている銀色のものは、なんだ。

寄生バチ繭


「さては寄生バチの繭だな」
宿主はいないかと周辺を見てみると、妙な体色のシャクガ幼虫がいました。

シャクガ幼虫&寄生バチ繭





| 昆虫 | 22:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クスアオシャク幼虫


4年ぶりに会えました。(→過去記事

クスアオシャク幼虫

クスノキに紛れる色をしていて、ニクいんだなぁ。

クスアオシャク幼虫2

溶け込み具合が気に入って、また見たいと思いながら会えずにいました。
食草はそれなりにありますから、やっぱり見抜けないでいたのだろうな。

大きさは23ミリほど。こちらは頭が黒っぽい。

クスアオシャク幼虫3


「葉柄と太さが同じなんだね」

クスアオシャク幼虫4


こちらは体が黄緑色。ニクいニクい。

クスアオシャク幼虫5


うーむ。これまたニクいニクいぞ。

クスアオシャク幼虫6


こちらはちょっと似ているヒロバツバメアオシャク幼虫。
大きさはまだ12ミリほど。そろそろ脱皮のようです。

ヒロバツバメオアシャク幼虫





| 昆虫 | 20:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カギバアオシャク幼虫


初めて訪れた、とある神社にて
カシの木があり、すると視線は自然と若芽のほうへ。
習慣のように、つい探してしまうのです。

「・・・いた!」
この角度で見破れたのは嬉しかったですね。

カギバアオシャク幼虫


背伸びをし枝をたぐり寄せ、角度を変えて撮影。
静止姿がかわいらしいカギバアオシャク幼虫さん。

カギバアオシャク幼虫2





| 昆虫 | 21:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんの幼虫?→チビミノガ類♀成虫


前日29日のこと。
休むキマダラハナバチを見ていたら、こんなものに目がとまりました。

不明幼虫と

何者かの小さな蓑の先端に、黒い不明幼虫が腹先を突っ込んでいます。
「なんだろう?だれだろう?」
蓑の先端にあるこれまた小さな蛹の空のようなものも気になります。
この不明幼虫はときどき、くっつけた腹先を蓑から離して、またくっつけます。

不明幼虫と2


気になったので今日30日も見てみましたが同じでした。
ときどき、こうやって蓑から腹先を離します。

不明幼虫と3


そしてまた、くっつける。「そこだと収まりが良いだけなのか?」

不明幼虫と4

蓑ひっくるめて小さくて、見つけた当初は
またキマダラハナバチがいるのかと思いました。「ハムシの幼虫なのかなあ」
よく見るツツハムシの蓑とはちょっと形が違うようですが真相は、いかに。


新開孝さんより
「謎の幼虫は、チビミノガ類のメス成虫かと思います。
羽化後、蓑に留まってコーリングしてオスの飛来を待ちます。」
と、教えていただきました。
新開さんはチビミノガ類の交尾を観察されていて、
昆虫ある記(小さなミノムシ・2006/11/14)
興味深い記事を載せられています。
蛾の成虫だったとは、虫の世界は(も)知らないことだらけ、そこがまた面白い!
新開さん、どうもありがとうございました。





| 昆虫 | 21:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

午後四時の風景


うっすら水色をしていて、きれいな目だなと思いました。

スジグロシロチョウ


スジグロシロチョウ2

飛ぶ虫もいなくて森はひっそりしたものでした。
時間帯が悪いのか、このスジグロシロチョウも近づいてももう動きません。

ならば休んでいる虫を探そうと、森の中ぽっかりある空間で、
植えられたツツジの幼木だけにしぼり、ざっと虫探しをしてみました。

「ヒラタアブが2匹休んでる」

ナミホシヒラタアブか&フタホシヒラタアブか


左がナミホシヒラタアブ、右がフタホシヒラタアブかなと思います。
このフタホシは腹部が裏表とも部分的にオレンジ色をしていました。

フタホシヒラタアブか


毎度おなじみお休みキマダラハナバチ。

キマダラハナバチの一種


こっちにも、あっちにもで、計5匹を確認。じっくり探せばもっといますね。

キマダラハナバチの一種2

キマダラハナバチの一種3

ツツジに絡んだ枯葉にて。よく見ると渋い目をしてる。

ツツジに寄り添うモミジイチゴにツヤヒラタハバチ。ほかで休む個体がもう1匹。

ツヤヒラタハバチか


ヒメバチの一種もじっとしていました。

ヒメバチの一種

昨年この森で見たヒゲナガハナバチがそろそろ出ていないかと期待しましたが残念、
この日は出会えませんでした。(→過去記事

「おや、アカコブコブゾウムシさん」
今シーズンこの森で出会うのは4匹目。

アカコブコブゾウムシ


マルウンカの幼虫。2匹でいる姿がちょっとかわいらしい。

マルウンカ幼虫


マネキグモもよく見ますね。

マネキグモ


休むビロウドツリアブは4匹見つけました。

ビロウドツリアブ





| 昆虫その他 | 22:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

曲がる枝


一瞬、本当に枝が曲がっているように思えました。

不明シャクガ幼虫

不明シャクガ幼虫2

最近、ツツジの幼木でよく見かけるシャクトリムシ。さてだれだろう?

こちらはハミスジエダシャクに似たシャクガ幼虫がいた幼木。(→過去記事
あれれ、今日はいないぞーーーと思っていたら

ハミスジエダシャク幼虫か


そこにいましたか。クモの糸に枯れ枝でもくっついているのかと思いました。
そのウンチ、ちょっと水分不足かしらなんて思ったりして。

ハミスジエダシャク幼虫か2


小さなカミキリが1匹だけ花にきていました。ミヤマルリハナカミキリあたりかな?

ミヤマルリハナカミキリか





| 昆虫 | 22:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公園のスカシカギバ幼虫


この時期、スカシカギバ幼虫は小さいけれど見つけやすい。

スカシカギバ幼虫2

葉の表面を削り取って食べる、この“しわざ”を探すのがコツ。
公園に植えられたシラカシにて。身近なところにも、ひょっこりいたりするのですね。

スカシカギバ幼虫


仲の良さそうなカシアシナガゾウムシ。
下になっているのが雌かなと思いますが、雌雄の違いと
名の由来の第一脚・二脚の長さとは関係あるのかしら。

カシアシナガゾウムシ




| 昆虫 | 21:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

黒いむくむく


飯能から北へ。
とある神社の裏手で、小さく黒い何者かが、ちょこまか飛ぶのが見えました。
深い青が見え隠れします。
「コツバメだ!」

コツバメ

とまってしまうと、もう青色の表翅は見せてくれません。
地元の発生地では、数年前からパタリと見なくなりました。
会えると嬉しい、ちょっと思い入れのある蝶です。

同じ場所で、ヒオドシチョウも忙しそうにパトロール。
どこで冬越ししていたのかな、翅が傷んで見えます。
越冬姿を一番に見てみたい蝶なのですが、いまだかなわずです。

ヒオドシチョウ


あら、カタクリの群生地。

カタクリ


近くではフキがたくさん咲いていました。来年はペロリいただいちゃおうかな。

フキノトウ





| 昆虫 | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お休み姿


16時過ぎ。
ひっそりとした森で、虫たちはもうご休憩ーーー

キマダラハナバチの一種

キマダラハナバチの一種2

このキマダラハナバチの一種は、アゴでつかまった枯葉と一緒に、風にゆらゆら。

そんなぶら下がり型ではなく、枯葉の影でちょこんと休んでいるのは、だれだ。

ヒラタハバチの一種


それはヒラタハバチの一種のよう。

ヒラタハバチの一種2


おや、ここにももう1匹。

ヒラタハバチの一種3


あら、あそこにも。頭の斑紋からすると、こちらはツヤヒラタハバチかな。

ツヤヒラタハバチ


相変わらず、ビロウドツリアブはこんなお休み態勢で。
この日に見つけた5匹中4匹は、同じ方向に頭を向けていました。

ビロウドツリアブ





| 昆虫 | 21:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT